槌屋治紀

日本のエネルギー工学者

槌屋治紀(つちや はるき、1943年3月19日[1]- )は、日本のエネルギー工学者。

略歴編集

千葉県生まれ。東京大学工学部機械工学科卒業、同大学院機械工学科博士課程修了、1970年「高炉の計算制御のための基礎的研究」で工学博士。 1979年に株式会社システム技術研究所を設立し、所長。システム工学専攻[2]

著書編集

共編著編集

翻訳編集

  • エイモリー・ロビンズ『ソフト・エネルギー・パス 永続的平和への道』室田泰弘共訳 時事通信社 1979
  • P.ハーパー G・ボイル他編『ラジカルテクノロジー』時事通信社 1982
  • エイモリー・ロビンス, ハンター・ロビンス『エネルギー/戦争 非核未来への道』室田泰弘共訳 時事通信社 1983
  • エイモリー・B.ロビンス, L.ハンター・ロビンス『ブリトルパワー 現代社会の脆弱性とエネルギー』室田泰弘共訳 時事通信社 1987
  • James Larminie, Andrew Dicks 共著『解説燃料電池システム』オーム社 2004

論文編集

脚注編集

  1. ^ 『著作権台帳』
  2. ^ 『これからのエネルギー』著者紹介

外部リンク編集