横山 政孝(よこやま まさたか、寛政元年(1789年) - 天保7年1月25日1836年3月12日)) は、加賀藩家老。人持組横山蔵人家第6代。父は横山政寛。正室は津田政本の娘・桂(横山蘭蝶)。子は横山政和通称は小五郎、多門、蔵人。別名に孝誼。号は致堂。

生涯編集

寛政元年(1789年)、加賀藩家老横山政寛の子として生まれる。享和元年(1801年)、父の死去により家督相続する。文化13年(1816年)、家老となる。世子・前田斉泰の傳役を務めた。

天保7年1月25日(1836年3月12日)、死去。享年48。

人物編集

詩作や書画に秀でた文化人であった。詩集に『致堂詩藁』『致堂詩藁外編』。正室の津田桂(横山蘭蝶)も詩人として知られ、文化12年(1815年)、死産の末に死去すると、桂の詩100首に政孝作の詩100首を合わせて『海棠園合集』を著した。

参考文献編集

  • 『加能郷土辞彙』