メインメニューを開く

横山 有策(よこやま ゆうさく、1882年12月18日 - 1929年4月2日)は、日本の英文学者

現在の岡山県高梁市出身。1905年早稲田大学文学部英文科卒業。1907年渡米しハーバード大学に学び、1911年帰国、中学校の英語教師となる。1916年早稲田大学英文科講師となり、坪内逍遥の後を受けてシェイクスピアの講義を担当した。後に教授となる。享年46歳[1]

著書編集

  • 『Hints on translating Japanese into English : for the students of the preparatory course』寶永館書店 1913
  • 『English composition and grammar』寶永館 1915
  • 『誤譯三百題 英作文文法 正譯詳解』二松堂書店 1915
  • 『文学概論』久野書店 1921
  • シエリーの詩論と詩の擁護』英詩文研究 早稲田泰文社 1923
  • 『英文学史要』早稲田泰文社 1927
  • 『芸術による生活改造』文明協会ライブラリ 1928
  • ハムレット物語・マクベス物語』世界文学物語叢書 婦人之友社 1929
  • 『シエークスピア研究』東京泰文社 1931

翻訳編集

脚注編集