メインメニューを開く
将棋 > 将棋の戦法 > 居飛車 > 横歩取り > 横歩取り4五角

横歩取り4五角(よこふどりよんごかく)は、将棋の横歩取りにおける戦法の一つ。後手番が採る戦法である。

相横歩取りの一部の変化と同様に序盤から激しい展開になるため短手数で決着がつくことも多い。江戸時代から存在する指し方であるが、横歩取り戦法そのものが長年下火であったこともあり、昭和時代まで本格的に省みられることはなかった。横歩取り4五角戦法の価値を再発見したのはアマの沢田多喜男プロ棋士谷川浩司であるとされ、谷川は若手時代にこの戦法を連投し、対戦相手を36手で投了に追い込んだことがある(対東和男戦(1978年若獅子戦)・対森安秀光戦(1979年王位戦))。谷川の活躍もあり一時プロで流行したが、やがて研究が進むと、この戦法の後手の攻めは無理筋とみられてプロ間ではほとんど指されなくなった。一方、持ち時間の短いアマチュア同士の対戦では現在も見られることも多い。

概要編集

△持駒 歩
 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
                 
 
▲持駒 角歩四

横歩取り4五角の基本図

▲7六歩△3四歩▲2六歩△8四歩▲2五歩△8五歩▲7八金△3二金▲2四歩△同歩▲同飛△8六歩▲同歩△同飛▲3四飛(横歩取り定跡の基本形)から、△8八角成▲同銀と角交換して△2八歩に▲同銀と取らせて△4五角と進む。

ここからの変化は多々あり、先手が△4五角に対して▲7七角または▲2四飛とする変化が主流だが、▲8七歩、▲3五飛という変化もある。また△2八歩を手抜いての単に▲7七角とするのも先手良しとされている。

▲2四飛を選び、以下△2三歩▲7七角△8八飛成▲同角△2四歩▲1一角成と進んだ局面において、後手にさまざまな選択肢がある。△8七銀と強襲するか、それとも△3三桂▲3六香の局面で△6六銀、あるいは△3六同角▲同歩△5四香とするか。いずれにせよ後手が攻め続け、先手が受けに回る展開になり、先手が正確に受け続けると先手良しとなる。

脚注編集


文献編集

  • 沢田多喜男『横歩取りは生きている―大橋柳雪から現代まで』
  • 所司和晴『横歩取りガイド』
  • 所司和晴『横歩取りガイドⅡ』
  • 羽生善治『羽生の頭脳〈9〉激戦!横歩取り』
  • 羽生善治『羽生の頭脳10―最新の横歩取り戦法』
  • 勝又清和『消えた戦法の謎』
  • 所司和晴『横歩取り道場〈第3巻〉4五角戦法 (東大将棋ブックス)』