メインメニューを開く

横浜市民ギャラリーあざみ野(よこはましみんぎゃらりーあざみの)は、横浜市立の文化施設(ギャラリー)。青葉区の複合施設「アートフォーラムあざみ野」内に「男女共同参画センター横浜北」[3]と共に位置する。施設は、指定管理者制度に基づき、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団が管理・運営を行っている。施設内には展示室とアトリエがあり、企画展やワークショップなどの自主企画を行うほか、市民への貸し出しも行っている。

Japanese Map symbol (Museum) w.svg 横浜市民ギャラリーあざみ野
施設情報
正式名称 横浜市民ギャラリーあざみ野[1]
専門分野 美術
事業主体 横浜市
管理運営 公益財団法人横浜市芸術文化振興財団指定管理者[2]
開館 2005年
所在地 225-0012
横浜市青葉区あざみ野南一丁目17-3
位置 北緯35度33分53.8秒 東経139度33分14.2秒 / 北緯35.564944度 東経139.553944度 / 35.564944; 139.553944座標: 北緯35度33分53.8秒 東経139度33分14.2秒 / 北緯35.564944度 東経139.553944度 / 35.564944; 139.553944
外部リンク 公式サイト
プロジェクト:GLAM

目次

取り組み編集

企画展編集

  • 写真やコンテンポラリーアート、子ども向けの企画など年4回の展覧会を行っている。
  • 障がいのあるひとの作品を展示する「フェローアートギャラリー」や、若手作家の小品を展示する「ショーケースギャラリー」を開催。
  • 平成5・6年度に横浜市が取得した、アメリカのサーマン・F・ネイラー氏が40年にわたって世界各地から収集したカメラ(約2,700件)、写真関連アクセサリー(約2,000点)、写真(約2,900件)、資料及び文献(約2,000件)のコレクション「横浜市所蔵カメラ・写真コレクション」を、年1回のコレクション展やウェブサイト、アートフォーラムあざみ野内のエントランスホールで紹介している。[4]

脚注編集

外部リンク編集