樹木子(じゅぼっこ)は、水木しげるの著書を始めとする日本妖怪関連の書籍に記述のあるの妖怪。

多くの戦死者の出た戦場跡地などに生えており、外観は一般の樹木と変わらないものの、死者の血を大量に吸って妖怪と化しているために血に飢えており、通りかかった人を捕まえ、枝々を管のように操って人の血を吸うとされる。こうして人間の生命を吸った樹木子は、いつまでもみずみずしい姿を保っているのだという[1][2]

一次出典が確認できないことから水木の創作物であると指摘されていたが[3][4][5]、後には斎藤守弘による創作だとされている[6]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 水木しげる 『図説 日本妖怪大全』 講談社講談社+α文庫〉、1994年、226頁。ISBN 978-4-06-256049-8
  2. ^ 草野巧・戸部民夫 『日本妖怪博物館』 新紀元社1994年、166頁。ISBN 978-4-88317-240-5
  3. ^ 京極夏彦多田克己村上健司 『妖怪馬鹿』 新潮社〈新潮OH!文庫〉、2001年、342頁。ISBN 978-4-10-290073-4
  4. ^ 村上健司編著 『妖怪事典』 毎日新聞社2000年、188頁。ISBN 978-4-620-31428-0
  5. ^ と学会 『トンデモ本の世界U』 楽工社2007年、228-229頁。ISBN 978-4-903063-14-0
  6. ^ 山口敏太郎 (2008年1月15日). “じゅぼっこは、斎藤守弘先生の創作妖怪だった”. 山口敏太郎の妖怪・都市伝説・UMAワールド「ブログ妖怪王」. 2016年4月20日閲覧。

関連項目編集