本来の表記は「橋蕤」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

橋 蕤(きょう ずい、? - 197年)は、中国後漢時代末期の軍人。『三国志書では、「喬蕤」と表記されている。

橋蕤
後漢仲王朝
大将軍
出生 不詳
死去 197年建安2年)
拼音 Qiáo Ruí
主君 袁術
テンプレートを表示

正史の事跡編集

袁術配下。張勲と共に若年の孫策を高く評価していたという。

初平4年(193年)3月、袁術が揚州刺史陳温を殺害し、陳瑀を追放して揚州に拠点を移すと、張勲と共に大将軍に任じられたとされる。建安2年(197年)春、袁術が帝位を僭称したときも、これに従った。

袁術の帝位僭称後まもなく、橋蕤は袁術の命令で張勲と共に呂布を攻撃した。しかし、陳珪の離間策により友軍の楊奉韓暹に裏切られて敗北した。この時、橋蕤は呂布軍に生け捕られてしまったが、なぜか釈放されて袁術の下に帰されている。同年9月、橋蕤は袁術の国進攻に従い、陳王の劉寵を滅ぼした。

しかし、曹操が自ら討伐に出てくると、袁術は橋蕤に加え、李豊梁綱楽就の3将を陳国に残留させ[1]、自分だけ寿春へ逃げ帰ってしまった。橋蕤は曹操軍を迎撃したものの大敗し、于禁に討ち取られた。

物語中の橋蕤編集

小説『三国志演義』でも袁術配下の将として登場。徐州の呂布を討伐する際には第二軍の上将に任命される。しかし、陳珪の策にかかった味方の裏切りに遭って全軍は瓦解し、橋蕤自身も呂布配下の高順に敗れている。その後、曹操が寿春に攻め込んでくると橋蕤は城外へ迎撃に赴くが、夏侯惇一騎討ちで討ち取られてしまう。

注釈編集

  1. ^ 後漢書』袁術伝によると、張勲も留まったとされる。

参考文献編集