メインメニューを開く

橋本 努(はしもと つとむ、1967年12月29日 - )は、日本の社会学者北海道大学大学院経済学研究科教授。専門は、経済社会学社会哲学

東京都生まれ。県立川和高校を経て、1990年横浜国立大学経済学部卒業、同大学院へ進学するが、1991年東京大学大学院総合文化研究科相関社会科学専攻に転じ、1996年博士課程単位取得満期退学、北海道大学経済学部専任講師、1998年助教授、1999年「方法と人格――プロジェクトとしての自由主義」で東大学術博士。2007年北大准教授、2011年同経済学研究科教授。

目次

経歴編集

  • 1986年 - 神奈川県立川和高等学校卒業。
  • 1990年 - 横浜国立大学経済学部卒業。
  • 2007年 - 北海道大学准教授。
  • 2011年 - 同経済学研究科教授。

著書編集

単著編集

  • 『自由の論法――ポパー・ミーゼス・ハイエク』(創文社, 1994年
  • 『社会科学の人間学――自由主義のプロジェクト』(勁草書房 1999年
  • 『帝国の条件――自由を育む秩序の原理』(弘文堂, 2007年
  • 『自由に生きるとはどういうことか―─戦後日本社会論』(ちくま新書 2007年)
  • 『経済倫理=あなたは、なに主義?』(講談社選書メチエ、2008年)
  • 『自由の社会学』(NTT出版 2010年
  • 『ロスト近代 = LOST MODERNITY 資本主義の新たな駆動因』弘文堂 2012年
  • 『学問の技法』ちくま新書、2013年

編著編集

共編著編集

訳書編集

参考編集