橘仲遠
時代 平安時代中期
生誕 不明
死没 不明
官位 従四位上播磨守
主君 村上天皇
氏族 橘氏
父母 父:橘佐臣
兄弟 仲遠、仲任
道文、道紀、徳子
テンプレートを表示

橘 仲遠(たちばな の なかとお)は、平安時代中期の貴族学者歌人下総守・橘佐臣の子。官位従四位上播磨守

経歴編集

若くして大学寮に入る。後に蔵人となり藤原忠平侍読を務めた[1]天暦元年(947年)に豊前守に任ぜられて現地に赴任[2]。後に摂津守となり、康保元年(964年)及び康保2年(965年)には『日本書紀』を講じている。その後、播磨守に転じたようである[3][4]が、没年は不明。位階は従四位上に至ったという[5]

また、『新勅撰和歌集』以下の勅撰和歌集に2首が入る勅撰歌人でもあった[4]

系譜編集

注記のないものは『尊卑分脈』による。

脚注編集

  1. ^ 二中歴』(二・儒職歴)
  2. ^ 日本紀略天暦元年8月2日条
  3. ^ 尊卑分脈
  4. ^ a b 『勅撰作者部類』
  5. ^ 『勅撰作者部類』では五位とする。
  6. ^ 宝賀[1986: 84]

参考文献編集

  • 宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年