メインメニューを開く

櫟野川砂防ダム(いちのがわさぼうだむ)は、滋賀県甲賀市甲賀町櫟野の淀川水系櫟野川に建設された砂防及び農業用水の貯水を目的とした砂防ダムである。大原貯水池と同じく、大原村油日村佐山村甲南町の一部を対象とした、県営甲南4ヵ町村農業水利改良事業(特殊重粘土地帯旱害恒久対策)の第1号ため池として計画された[1]。1979年(昭和54年)6月に着工し、1981年(昭和56年)3月に完成した[2]

櫟野川砂防ダム
Ichino river mudslide-control dams 04.jpg
所在地 滋賀県甲賀市甲賀町櫟野
位置
ダム諸元
ダム型式 重力式コンクリートダム
堤高 21.5 m
流域面積 261.2 km²
総貯水容量 220,000 m³
利用目的 砂防及び農業用水の貯水
事業主体 滋賀県
着手年/竣工年 1979年/1981年
出典 櫟野川砂防ダム
テンプレートを表示

鈴鹿山系の最上部を集水区域として、下流域水田農地 27.3haに清水を安定的に供給している[2]

脚注編集

関連項目編集