欧州横断輸送ネットワーク

欧州横断輸送ネットワーク (: Trans-European Transport Network, TEN-T) は、欧州連合圏の道路、鉄道、空港、水路の各インフラによる輸送ネットワークである。TEN-Tネットワークは、通信ネットワーク(eTEN)とエネルギーネットワーク(TEN-E, Ten-Energy)を含む、広義の欧州横断ネットワーク(: Trans-European Networks、TENs)の一部である。欧州委員会は、1990年に欧州横断ネットワークの最初の行動計画を採択した[1]

欧州横断輸送ネットワーク

TEN-Tは、統合し組み合わせることにより長距離の高速経路を提供する、主要道路、鉄道、運河、空港、海港、内陸港、交通管理システムの調整された改善を想定している。1996年7月に欧州議会と理事会によりTEN-Tの目的、優先順位、およびガイドラインが決定された[2]。EUは、リーダーシップ、調整、ガイドラインの発行、開発の資金調達の側面を組み合わせて、ネットワークの促進に取り組んでいる。

これらの計画は、2013年12月31日をもって欧州横断輸送ネットワーク実行局(: Trans-European Transport Network Executive Agency:TEN-T EA)に代わりイノベーション・ネットワーク(: Innovation and Networks Executive Agency:INEA)により技術的および財政的に管理されている。

歴史編集

TEN-Tの指針は、欧州横断輸送ネットワークの開発に関する欧州共同体の指針として、1996年7月23日に欧州議会および理事会により指令 No 1692/96/EC[2]とともに採択された。2001年5月に、欧州議会と理事会は、港、内陸港、インターモーダルターミナルに関するTEN-Tの指針を改正する指令 No 1346/2001/ECを採択した[3]

2004年4月に、欧州議会と理事会は、欧州横断輸送ネットワークの開発に関する欧州共同体の指針No 1692/96/ECの決定を改正する指令 No 884/2004/ECを採択した[4]。この2004年4月の改正は、EU拡大とそれによる交通流の変化に対応することを目的としたTEN-Tの方針の根本的な変更であった[5]

2017年には、欧州横断輸送ネットワークは東欧に拡張され、東欧加盟国を含むように決定された[6][7]。2019年2月には、欧州横断輸送ネットワークの東欧への拡大はアルメニアに到達した[8]

優先軸および計画

2013年10月17日に、9件の計画が公表された[9][10]。 それらは以下である。

  1. バルト海 - アドリア海回廊 (ポーランド - チェコ/スロバキア - オーストリア - イタリア)
  2. 北海 - バルト海回廊 (フィンランド - エストニア - ラトヴィア - リトアニア - ポーランド - ドイツ - オランダ/ベルギー)
  3. 地中海回廊 (スペイン - フランス - 北イタリア - スロヴェニア - クロアチア - ハンガリー)
  4. 東部/東地中海回廊 (ドイツ - チェコ - ハンガリー - ルーマニア - ブルガリア - ギリシア - キプロス)
  5. スカンジナビア - 地中海回廊 (フィンランド - スウェーデン - デンマーク - ドイツ - オーストリア - イタリア)
  6. ライン川 - アルプス回廊 (オランダ/ベルギー - ドイツ - スイス - イタリア)
  7. 大西洋回廊 (ポルトガル - スペイン - フランス)
  8. 北海 - 地中海回廊 (アイルランド - 英国 - オランダ - ベルギー - ルクセンブルク - 南フランス)注:英国のEU脱退により、アイルランド - ベルギー - オランダおよびアイルランド - フランスに変更
  9. ライン川 - ドナウ川回廊 (ドイツ - オーストリア - スロヴァキア - ハンガリー - ルーマニア 水路が主)

主要ネットワーク編集

これがTEN-T主要ネットワーク回廊の全リストである[11][12]

回廊番号 名称 始点 経由地 終点 距離(km)
1 バルト海 - アドリア海回廊   グディニャ   ウィーン   ラヴェンナ 1,800[13]
2 北海 - バルト海回廊   ヘルシンキ   ワルシャワ   アントワープ 3,200[14]
3 地中海回廊   アルヘシラス   リヨン  ヴェネツィア   ミシュコルツ 3,000[15]
4 東部 - 東地中海回廊   ハンブルク   ブダペスト  ソフィア   ニコシア ~ 3,700
5 スカンジナビア - 地中海回廊   ヘルシンキ   コペンハーゲン  ミュンヘン   バレッタ 4,858
6 ライン川 - アルプス回廊   ジェノヴァ   ケルン   ロッテルダム
7 大西洋回廊   リスボン   ビトリア=ガステイス   ストラスブール
8 北海 - 地中海回廊   ダブリン   コーク  ル・アーヴル   ブリュッセル 933
9 ライン川 - ドナウ川回廊   アムステルダム   ルクセンブルク   マルセイユ

資金調達年表編集

TEN-T方針の実施に対する財政的支援は、以下の規則に由来している。

  • EC規則 No 2236/95 1995年9月19日 欧州横断ネットワークの領域での欧州共同体の財政支援許可に関する一般規則[16]
  • EC規則 No 1655/1999 1999年7月19日の欧州議会および理事会によるEC規則 No 2236/95の改定[17]
  • EC規則 No 807/2004 2004年4月21日の欧州議会および理事会によるEC規則 No 2236/95の改定[18]
  • EC規則 No 680/2007 2007年6月20日の欧州議会および理事会による欧州横断輸送/エネルギーネットワークに対する欧州共同体の財政支援を許諾する一般規則[19][注釈 1]
  • EC規則 No 1316/2013 2013年12月11日のコネクティングヨーロッパファシリティ設立、および、EC規則 No 913/2010の修正、EC規則 No 680/2007 と EC規則 No 67/2010 の廃止[20][注釈 2]
  • EC規則 No 2021/1153 2021年7月7日のコネクティングヨーロッパファシリティの設立、および、EC規則 No 1316/2013 と EC規則 No 283/2014 の廃止[21]

概して、TEN-T計画はほとんどが国家予算で賄われている。その他の財源は、欧州共同体基金(欧州地域開発基金, 結束基金, TEN-T財源)、国際金融機関(欧州投資銀行など)からの融資、および私的出資会社、などである。

輸送ネットワーク一覧編集

輸送モードにはネットワークがある。そのネットワークは以下である[2]

以前の優先事項編集

1994年のエッセン会議にて欧州理事会は当時の副委員長ヘニング・クリストファーゼンを頭とするグループにより計画された14のTEN-Tの特定の計画のリストを承認した[1]ヴァン・ミエルトのTEN-T上位グループからの2003年の勧告に従い、委員会は2010年までに立ち上げられる30の優先計画のリストをまとめた[22]

30の軸と優先計画は以下だった[23]

  1. 鉄道軸: ベルリン - ヴェローナ/ミラノ - ボローニャ - ナポリ - メッシーナ - パレルモ
  2. 高速鉄道軸: パリ - ブリュッセル - ケルン - アムステルダム - ロンドン
  3. 高速鉄道軸(欧州南西部)
  4. 高速鉄道軸(欧州東部)
  5. ベートゥヴェルート
  6. 鉄道軸 リヨン - トリエステ - ディヴァーチャ/コペル - ディヴァーチャ - リュブリャナ - ブダペスト - ウクライナ国境[22]:34
  7. 高速道路軸 イグメニツァ/パトラス - アテネ - ソフィア - ブダペスト
  8. 複合モード軸 ポルトガル/スペイン - その他の欧州
  9. 鉄道軸 コーク - ダブリン - ベルファスト - ストランラー
  10. マルペンサ空港
  11. オーレスン・リンク
  12. ノルディック・トライアングル鉄道/道路軸
  13. UK/アイルランド/ベネルクス道路軸
  14. ウェスト・コースト本線
  15. ガリレオ
  16. 貨物鉄道軸 シーネス/アルヘシラス - マドリッド - パリ
  17. 鉄道軸 パリ - ストラスブール - シュトゥットガルト - ウィーン - ブラティスラヴァ
  18. ライン川/マース川 - マイン川 - ドナウ川 内陸水路軸
  19. イベリア半島高速鉄道相互運用
  20. フェーマルン・ベルトトンネル
  21. 海の高速道路
  22. 鉄道軸 アテネ - ソフィア - ブダペスト - ウィーン - プラハ - ニュルンベルク/ドレスデン
  23. 鉄道軸 グダンスク - ワルシャワ - ブルーノ/ブラティスラヴァ - ウィーン
  24. 鉄道軸 リヨン/ジェノヴァ - バーゼル - ドュイスブルク - ロッテルダム/アントワープ
  25. 高速道路軸 グダンスク - ブルーノ/ブラティスラヴァ - ウィーン
  26. 鉄道/道路軸 アイルランド/UK/欧州大陸
  27. バルト海鉄道軸 ワルシャワ - カウナス - リーガ - タリン - ヘルシンキ
  28. ユーロキャップ鉄道軸 ブリュッセル - ルクセンブルク - ストラスブール
  29. 鉄道軸 イオニア海/アドリア海複合モード回廊
  30. 内陸水路 セーヌ川 - スヘルデ川

2019時点で、2、5、11は完成している。また、12と17のように進行中のものもあり、20と27のように着手前のものもある。

関連ネットワーク編集

TENsのネットワークに加えて、10の汎ヨーロッパ回廊がある。これらは主要都市と港、主に東欧域で大規模な投資が必要とされている。

欧州内の主要道路ネットワークが、欧州自動車道路として定義されている。これは国際連合欧州経済委員会により決められている。これらには、"E"+番号の形(例"E1")で道路名がつけられている。

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ この規則は2013年12月31日までの財政支援の規則であり、次に続くEC規則により廃止されている
  2. ^ この規則は2020年12月31日までの財政支援の規則であり、次に続くEC規則により廃止されている。

出典編集

  1. ^ a b Ten-T PP Axes Projects”. 2021年12月29日閲覧。
  2. ^ a b c Decision No 1692/96/EC of the European Parliament and of the Council of 23 July 1996 on Community guidelines for the development of the trans-European transport network”. 2021年12月31日閲覧。
  3. ^ Decision No 1346/2001/EC”. 2022年4月30日閲覧。
  4. ^ a b Decision No 884/2004/EC”. 2022年4月30日閲覧。
  5. ^ Draft proposal for a DECISION OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL on Community gudelines for the development of the trans-European transport network”. 2022年4月30日閲覧。
  6. ^ Armenia's FM attends Eastern Partnership and Visegrad Four Foreign Ministers' meeting”. 2022年4月30日閲覧。
  7. ^ Ukraine joins Trans-European Transport Networks”. 2022年4月30日閲覧。
  8. ^ EU reiterates its readiness to deepen political and economic relations with Armenia”. 2022年4月30日閲覧。
  9. ^ New EU transport infrastructure policy – background”. April30, 2022閲覧。
  10. ^ Corridors”. 2022年4月30日閲覧。
  11. ^ Trans-European Transport Network (TEN-T)”. 2022年4月30日閲覧。
  12. ^ TRANS-EUROPEAN TRANSPORT NETWORK”. 2022年4月30日閲覧。
  13. ^ Baltic-Adriatic Corridor”. 2022年4月30日閲覧。
  14. ^ Towards the North Sea-Baltic Corridor work plan”. 2022年5月21日閲覧。
  15. ^ Mediterranean Corridor”. 2022年4月30日閲覧。
  16. ^ Council Regulation (EC) No 2236/95 of 18 September 1995 laying down general rules for the granting of Community financial aid in the field of trans-European networks”. 2022年5月20日閲覧。
  17. ^ Regulation (EC) No 1655/1999 of the European Parliament and of the Council of 19 July 1999 amending Regulation (EC) No 2236/95 laying down general rules for the granting of Community financial aid in the field of trans-European networks”. 2022年5月20日閲覧。
  18. ^ Regulation (EC) No 807/2004 of the European Parliament and of the Council of 21 April 2004 amending Council Regulation (EC) No 2236/95 laying down general rules for the granting of Community financial aid in the field of trans-European networks”. 2022年5月20日閲覧。
  19. ^ REGULATION (EC) No 680/2007 OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL of 20 June 2007 laying down general rules for the granting of Community financial aid in the field of the trans-European transport and energy networks”. 2022年5月20日閲覧。
  20. ^ REGULATION (EU) No 1316/2013 OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL of 11 December 2013 establishing the Connecting Europe Facility, amending Regulation (EU) No 913/2010 and repealing Regulations (EC) No 680/2007 and (EC) No 67/2010”. 2022年5月20日閲覧。
  21. ^ REGULATION (EU) 2021/1153 OF THE EUROPEAN PARLIAMENT AND OF THE COUNCIL of 7 July 2021 establishing the Connecting Europe Facility and repealing Regulations (EU) No 1316/2013 and (EU) No 283/2014”. 2022年5月20日閲覧。
  22. ^ a b Van Miert report”. 2022年5月21日閲覧。
  23. ^ INNOVATION AND NETWORKS EXECUTIVE AGENCY Priority Project 6”. 2022年5月21日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集