欧州諸共同体からのグリーンランド脱退

欧州諸共同体からのグリーンランド脱退は、1982年の住民投票で脱退賛成の得票率が53%だったため、1985年に行われた[1]

EU加盟国の変遷。グリーンランドは左上の最も大きい島である。

グリーンランド条約編集

グリーンランドに関して、欧州共同体を設立する条約を改正する条約
Treaty amending, with regard to Greenland, the Treaties establishing the European Communities
通称・略称 グリーンランド条約
署名 1984年3月13日
署名場所   ベルギーブリュッセル
発効 1985年2月1日
締約国 10
寄託者 イタリア共和国政府
言語 欧州共同体の言語
テンプレートを表示

グリーンランド条約: The Greenland Treaty)は、欧州諸共同体からのグリーンランド脱退について、欧州共同体の加盟国の間で結ばれた条約である。この条約は、有権者が欧州共同体脱退を支持した1982年のグリーンランドの住民投票英語版の結果を踏まえたものだった。

正式名称は「グリーンランドに関して、欧州共同体を設立する条約を改正する条約」(: Treaty amending, with regard to Greenland, the Treaties establishing the European Communities)。

この条約は、グリーンランドの脱退のために用意され、それまでの欧州共同体の条約が改正された。それゆえ、欧州連合の憲法上の基礎の不可欠な部分となっている。脱退決定はグリーンランドが自治権を獲得した後に行われ、グリーンランドの漁業水域を保護して、外部からの影響を制限するためのものだった[2][3]

1973年にデンマークが欧州共同体に加盟したとき、グリーンランドは自治権がそれほどないデンマークの特別地域だったため、デンマークとともに加盟する以外の選択肢がなかった。これは、自治権を持ち、欧州共同体に加盟しないと決定したフェロー諸島とは正反対だった。

条約は1985年2月1日に発効し、その結果、グリーンランドは正式に欧州共同体から脱退した。

関連項目編集

注釈編集

  1. ^ Jørn Boye Nielsen (2014), Bernard Cook, ed., Europe Since 1945: An Encyclopedia, Routledge, p. 541, ISBN 9781135179328 
  2. ^ The Greenland Treaty of 1985”. 2021年2月28日閲覧。
  3. ^ Official Journal of the European Communities : Treaty Date=1985”. Eu.nanoq.gl. 2021年2月28日閲覧。

参考文献編集

  • Harhoff, Frederik (1983), “Greenland's Withdrawal from the European Communities”, Common Market Law Review 20 (1): 13–33