メインメニューを開く

歌劇王カルーソ』(かげきおうカルーソ、英語: The Great Caruso)は1951年に製作・公開されたエンリコ・カルーソーの生涯を描いたアメリカ合衆国の映画である。リチャード・ソープが監督、マリオ・ランツァがカルーソーを演じている。テクニカラー撮影。

歌劇王カルーソ
The Great Caruso
監督 リチャード・ソープ
脚本 ソニア・レヴィン
ウィリアム・ルドウィグ英語版
製作 ジョー・パスターナク英語版
出演者 マリオ・ランツァ
アン・ブライス英語版
音楽 ジョニー・グリーン英語版
撮影 ジョセフ・ルッテンバーグ
編集 ジーン・ルッジェーロ英語版
製作会社 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー(MGM)
配給 MGM
公開 アメリカ合衆国の旗 1951年5月10日(ニューヨーク)
日本の旗 1952年6月3日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
イタリア語
製作費 1,853,000ドル[1]
配給収入 4,309,000ドル(北米)
4,960,000ドル(海外)[1]
テンプレートを表示

目次

キャスト編集

スタッフ編集

劇中劇編集

アカデミー賞受賞・ノミネーション編集

  • 受賞
  • ノミネーション
    • 衣裳デザイン賞(カラー):ヘレン・ローズ、ジャイル・スティール
    • ミュージカル映画音楽賞:ジョニー・グリーン、ピーター・ハーマン・アドラー

脚注編集

  1. ^ a b The Eddie Mannix Ledger, Los Angeles: Margaret Herrick Library, Center for Motion Picture Study .

外部リンク編集