メインメニューを開く

歌川 芳景(うたがわ よしかげ、生年不明 - 明治25年〈1892年[1])とは、明治時代の浮世絵師

来歴編集

歌川国芳の門人。本姓は齋藤、俗称亀吉。歌川の画姓を称す。横浜に住み、専ら輸出用の絵を描いたと伝わる。明治6年(1873年)建立の一勇斎歌川先生墓表に名がある。門人に歌川景久歌川景虎がいる。

脚注編集

  1. ^ 『浮世絵師伝』による。

参考文献編集