メインメニューを開く

井上 和雄(いのうえ かずお、明治22年(1889年6月19日 - 昭和21年(1946年6月20日)は、明治時代から昭和時代にかけての浮世絵研究者。

来歴編集

明治22年(1889年)、鹿児島県に生まれる。明治33年(1900年)から明治44年(1911年)まで山田聖華房という古書店に勤めた後、1911年に宮武外骨の大阪雅俗文庫に編集委員として入った。大正2年(1913年)から翌大正3年(1914年)には京都府立図書館の出納係及び監視の役を拝命している。大正5年(1916年)から大正7年(1918年)まで酒井好古堂において雑誌『浮世絵』の編集委員を務めた。その後、大正10年(1921年)には発足当初の日本浮世絵協会において理事として機関誌『浮世絵之研究』の編集及び発行人を昭和元年(1926年)まで務めたほか、昭和3年(1928年)には福永書店で雑誌『浮世絵』の編集兼発行人と『浮世絵新聞』の編集を務めた。その間、大正13年(1924年)には吉野作造の率いる明治文化研究会に参加、その会誌『新旧時代』の編集発行兼印刷者を1926年から昭和2年(1927年)にかけて務め、昭和3年(1928年)編集同人となった。昭和4年(1929年芸艸堂から創刊の『浮世絵志』の編集同人となった後、昭和7年(1932年)には『浮世絵譚界』の編集兼発行人となった。昭和21年6月20日に死去。享年58。

著書編集

  • 『慶長以来書賈集覧』 大正5年(1916年)
  • 浮世絵師伝』 昭和6年(1931年) 渡辺庄三郎と共著
  • 『書物三見』 昭和14年(1939年)

参考文献編集

  • 高梨章編 『井上和雄 出版・浮世絵鑑継著作集 附.書誌』 文圃文庫類従、2013年