武公(ぶこう、? - 前825年)は、(姜斉)の第8代君主。献公の子。

武公 姜寿
第8代公
王朝
在位期間 前850年 - 前825年
都城 臨淄
姓・諱 姜寿
諡号 武公
生年 不詳
没年 前825年
献公

生涯編集

献公9年(前851年)、献公が薨去したため、子の姜寿が立って斉君(以降は武公と表記)となる。

武公9年(前842年)、で内乱が起き、厲王鎬京を脱出して黄河を越え、彘(てい:現在の山西省霍州市)に逃れた。翌年(前841年)、周は共和政に入る(~前828年)。

武公26年(前825年)、武公が薨去し、子の無忌が立って斉君(厲公)となった。

参考資料編集

  • 史記(繁体字中国語)(斉太公世家第二)