メインメニューを開く

献公(けんこう、? - 紀元前851年)は、(姜斉)の第7代君主。哀公の同母弟。

献公 姜山
第7代公
王朝
在位期間 前859年 - 前851年
都城 薄姑→臨淄
姓・諱 姜山
諡号 献公
生年 不詳
没年 前851年
癸公

生涯編集

胡公が営丘より薄姑(臨淄の西北50里)に遷都したことに反対し、徒党と共に営丘の民を率いて胡公を殺害し、自ら立って斉君となった。

献公元年(前859年)、献公は胡公の子をことごとく放逐し、都を臨淄(営丘)に遷して斉を統治した。

献公9年(前851年)、献公が薨去し、子の姜寿が立って斉君(武公)となった。

参考資料編集

  • 史記(繁体字中国語)(斉太公世家第二)