メインメニューを開く

武曲(むこく)』は、藤沢周による日本小説

武曲
著者 藤沢周
発行日 2012年5月25日
発行元 文藝春秋
ジャンル 小説
日本の旗 日本
言語 日本語
ページ数 490
コード ISBN 978-4-16-790321-3
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

このページではこの小説、およびこの小説を原作とした映画等について説明する。

あらすじ編集

羽田融はヒップホップに夢中な北鎌倉学院高校二年生。矢田部研吾はアルコール依存症で失職、今は警備員をしながら同校剣道部のコーチを務める。友人に道場に引っ張られ、渋々竹刀を握った融の姿に、研吾は「殺人刀」の遣い手と懼れられた父・将造と同じ天性の剣士を見る。

書誌情報編集

映画編集

武曲
MUKOKU
監督 熊切和嘉
脚本 高田亮
原作 藤沢周『武曲』
出演者 綾野剛
村上虹郎
前田敦子
片岡礼子
神野三鈴
康すおん
風吹ジュン
小林薫
柄本明
音楽 池永正二
撮影 近藤龍人
編集 今井大介
制作会社 ツインズジャパン
製作会社 「武曲 MUKOKU」製作委員会
配給 キノフィルムズ / 木下グループホールディングス
公開  
2017年6月3日
製作国   日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2017年6月3日に『武曲 MUKOKU』の題で公開[1]。監督は熊切和嘉、脚本は高田亮、主演は綾野剛。配給はキノフィルムズ木下グループ

あらすじ (映画)編集

剣道五段の矢田部研吾(綾野剛)は、ある出来事により酒に溺れ、警備員をしながら何とか暮らしていた。彼の母親はすでに他界し、以前は"殺人剣の使い手"として名をはせた父親も入院中で植物状態だった。ある日、研吾はラップに夢中の高校生・羽田融(村上虹郎)と出会い、彼の中に父と同様の剣士としての素質を見いだす。

キャスト(映画)編集

スタッフ(映画)編集

  • 原作 - 藤沢周『武曲』(文春文庫刊)
  • 監督 - 熊切和嘉
  • 脚本 - 高田亮
  • 音楽 - 池永正二
  • 制作統括 - 永田守
  • エグゼクティブプロデューサー - 余田光隆
  • 共同プロデューサー - 麻生英輔、吉岡宏城
  • プロデューサー - 星野秀樹
  • 協力プロデューサー - 江守徹、佐治幸宏
  • ラインプロデューサー - 新野安行
  • キャスティングディレクター - 元川益暢
  • 音楽プロデューサー - 篠崎恵子
  • 撮影 - 近藤龍人
  • 照明 - 藤井勇
  • 録音 - 小川武
  • 美術 - 井上心平
  • 編集 - 今井大介
  • 装飾 - 山本裕
  • 衣装 - 宮本茉莉
  • ヘアメイク - 石邑麻由
  • VFX - 菅原悦史
  • 特殊メイク・特殊造形 - 小此木憲一郎
  • 音響効果 - 中村佳央
  • アクションコーディネーター - 辻井啓伺、高槻祐士
  • 助監督 - 平野勝利
  • 制作担当 - 熊谷悠
  • 剣術指導・アシスタントプロデューサー - 中村憲刀
  • アシスタントプロデューサー - 原田浩行
  • メインタイトル題字 - 武田双雲
  • 特別協力 - ひかりTV 4K
  • 剣道具協力 - 東山堂
  • 企画協力 - 文藝春秋
  • 協賛 - 富士ホームサービス、エムエム建材、BAVIC
  • 配給 - キノフィルムズ / 木下グループホールディングス
  • 制作プロダクション - ツインズジャパン
  • 製作 - 「武曲 MUKOKU」製作委員会(TCエンタテインメントTBSサービス、巖本金属、TBSラジオ、木下グループホールディングス、ひかりTV、ツインズジャパン、ソニーPCL

脚注編集

外部リンク編集