メインメニューを開く
Mouth mirror.png

歯科理工学(しかりこうがく、英語:dental materials and devices)は基礎歯学の一分野[1]であり、顎口腔領域で用いられる種々の材料・器械・器具について生体全体の観点から研究を行う学問である[2]。近年、歯科材料の発展はめざましく、基礎歯学としての歯科理工学の重要性はさらに増してきている。

歴史編集

歯科理工学という言葉が最初に現れたのは、1928年に東京高等歯科医学校の設立時に島峰徹が当時使われていた歯科材料学等ではなく、歯科理工学という言葉を選んだ際である[3]。1947年には歯科教育審議会の教授要項に「歯科理工学」として取り上げられ、1950年には「歯科理工学」という題名の書籍が出版された[3]

関係する学会編集

脚注編集

参考文献編集

  • 『歯科医学大辞典縮刷版』歯科医学大辞典編集委員会、医歯薬出版、東京都文京区、2001年1月20日、第1版第6刷。ISBN 978-4-263-44010-0
  • 榊原悠紀田郎「巌 真教 帝大医学部出身で歯科理工学の教授となった変わり種 歯科理工学の原理主義者」『続歯記列伝』クインテッセンス出版、東京都文京区、2005年5月10日、第1版、42-44頁。ISBN 4874178529NCID BN13665318
  • 中村正明武田昭二今井弘一大島浩川原大小杉博基橋本典也『目で見る歯科理工学 -歯科領域と生体材料-』中村正明武田昭二医歯薬出版、東京都文京区、2000年1月20日、第1版第4刷。ISBN 4-263-45130-9


関連項目編集

外部リンク編集