メインメニューを開く

死人パーティ」(原題:Dead Man's Party )は、『バフィー 〜恋する十字架〜』の第3シーズン第2話。バフィーがかつての級友たちと再会する物語である。

死人パーティ
Dead Man's Party
監督 ジェームズ・ウィットモアJr
脚本 マルティ・ノクソン
前作 アン
次作 信念、希望、そして策略
テンプレートを表示

解説編集

バフィーの自宅に飾られたナイジェリアの仮面が敵役として登場する。

ストーリー編集

第1話「アン」で母のもとに戻ったバフィー。早速ジョイスはバフィーをサニーデール高校に復学させようとする。しかし校長のスナイダーは頑として受け入れず、ジョイスは次の手段としてバフィーを私立学校に編入学させようとする。その日の午後、自宅を整理していたバフィーは棚の奥に猫の死骸を発見する[1]。死骸を自宅の庭に埋める。だが、埋められた猫は翌日元気な姿で帰宅する。気味が悪くなったバフィーは猫をジャイルズに預ける。

パーティ

ジョイスはバフィーのためにホームパーティを開く。しかし、壁の仮面の呪いで町中で死者が蘇り始めていた。そして蘇った死者たちはバフィーの自宅を急襲する。防戦するバフィーだったが、ジョイスの友人パットも含め、招待客が相次いで殺される。戦いのさなか、ベッドに安置されたパットはゾンビマスターとして蘇ってしまう。バフィーはナイジェリアの仮面をつけたパットと戦い、仮面をスコップで叩き割る。するとゾンビたちは何事もなかったように消滅してしまう。

翌日

ジャイルズは校長に対し、バフィーを復学させるよう説得する。なおも説得に応じない校長に、ジャイルズは襟首をつかみ脅しをかけた。

配役編集

※俳優名(役名/声優名)の順。

メイン・キャスト編集

ゲスト出演編集

助演編集

クレジットなし
  • ヒース・キャスター(パーティの客)
  • スコット・ダシー(パーティに押しかけたゾンビ)

脚注編集

  1. ^ この猫はバフィーが以前飼っていた猫トルーディー。行方不明になったと見られていたが、実は人知れず老衰で死去していたのだった。

外部リンク編集