松岡洋子 (声優)

日本の女性声優、女優 (1954-)

松岡 洋子(まつおか ようこ、1954年10月20日[2][3] - )は、日本声優女優東京都出身[3][9]81プロデュース所属[5]

まつおか ようこ
松岡 洋子
プロフィール
本名 村國 洋子(むらくに ようこ)[1](旧姓:松岡[2]
性別 女性
出身地 日本の旗 日本東京都[3]
生年月日 (1954-10-20) 1954年10月20日(69歳)
血液型 O型[2][4]
職業 声優女優
事務所 81プロデュース[5]
公式サイト 松岡洋子 - 81プロデュースの公式サイト
公称サイズ(時期不明)[8]
身長 / 体重 158[6][7] cm / 50 kg
活動
活動期間 1970年代 -
声優テンプレート | プロジェクト | カテゴリ

経歴

生い立ち

幼少期は父が、男の子が欲しかったが、女性として誕生し、ガックリきて、「こいつ男の子みたいに育てるんだ」と決意し、小学校入学までは、頭を男の子のように刈りあげ、スカートははかせてもらえず、ズボンをはかせ、男の子の遊びを教えて、松岡家の長男として育てあげていったという[2][10]。当時のニックネームは「ボクちゃん」で、出生時からその調子で、だんだんその気になり、近所の人物がからかって「洋子ちゃんは男の子?女の子?」と聞くと、大まじめで「ボク、男の子!」と得意になり、答えていた[2][10]。その時はおままごとなど、その類の遊びとは無縁だったという[2]。それが後述のクプクプ少年役に配役されることにも繋がったという[10]

その頃から札つきの何とかで、警察沙汰もしょっちゅうで、要するにヨチヨチ歩きのころから、朝、家を飛びだすと鉄砲水のようなもので、夜まで帰ってこなかったという[2]。当時は東京都港区青山に住んでおり、遊び場は青山墓地で一度、迷ってしまい、朝から夜10時ぐらいまで、1人でぐるぐる歩きまわっていたという[2]。親はまっさおであり、警察に捜索願い出して大騒ぎで、外車にひかれそうになったり、誘拐騒ぎも1回あり、子供の頃から人なつっこくて、誰にもトコトコついていく子供だったが、ある時、家族全員で明治神宮外苑に出かけて、偶然、ロケ隊に出あい、それを見物していた[2]。元々、チョコマカしているほうだったことから、1人両親から離れ、人並みをくぐって前へ出ようとしていたところ、知らない男性が「ボク、見えないんなら肩車してあげるよ」と言われ、「ウン」と肩に乗っていたところ、しばらくして、その人物、ロケ隊離れ、トコトコ外苑通りを歩き出していた[2]。なんの不審も抱かず、肩車でいい気持ちだったが、一方、両親はいないことに気づいて大騒ぎで「ようこォー、ようこォー」と大声で探しはじめていた[2]。その声が、偶然、耳に入り、無邪気に「ハーイ」と500メートルぐらい離れていたところ、その男性、あわてて、降ろし、走って逃げだしてしまったという[2]。あの時、ちゃんと誘惑されていたら、大金持ちの家でお嬢さんとして育てられていたりしていたんだと語る[2]

小学校の頃から習い事が好きであり、合唱団等に入っていたが、当時は運動が好きでオリンピック選手志望で、「絶対、なんかの種目でオリンピックに出るんだ」と思っていたという[2]

中学ぐらいから、ピアノ声楽を習っていた関係上、漠然と音楽関係に進もうと考えていたが、当時住んでいた東京都港区青山から東村山市に転居し、高校3年生のギリギリまで進学するつもりだった[2]

キャリア

東京音楽学院のスクールメイツに入り[11]芸能界に入った経験があった[2]

本格的には活動するきっかけは都心から西武線に乗り、落合駅で見つけた俳協養成所[11]の募集の看板を何回か見ているうちにフラフラーッと「お芝居かなんかかじってみようかナァ」と考えて、明星高等学校卒業[6]前後で同養成所の1期生として入所[2]。同期によこざわけい子がいる[2]

たくさんの生徒の中から選ばれ、第一回俳協制作のミュージカルドラマ北杜夫原作『船乗りクプクプの冒険』の主役、クプクプ少年役に当てられ、全国を巡演することになり、主役の少年役にすることに誰からも反対意見は出なかったという[10]

当初は舞台女優として活動していたが、1977年の『若草のシャルロット』以降は声優業を中心に活動[12]。一時、俳協ミュージカルのステージの仕事が多くなったり、テレビドラマに出演しており、アニメの仕事に集中できない時期もあったという[10]。初レギュラーは1978年の『おれは鉄兵』の小畑役[2]。この時、スタジオで鉄兵役の野沢雅子からコマゴマと親切に指導してくれたという[10]。このことがとても倖せだったといい、1981年時点では野沢を誰よりも尊敬しているという[10]。初主演は1979年の『まんが猿飛佐助』の佐助役となる[10]

以前は東京俳優生活協同組合[13]に所属していた。

1996年から1998年まで放送された『ゲゲゲの鬼太郎(第4作)』にて、鬼太郎を演じた[14]同作品のテレビアニメにおいては3代目の鬼太郎[15]。役が決まったのはオーディションで、マネージャーが「松岡洋子だけはどうしてもやらせてくれ」と千方に言っていた[16]。それ以前は作品の名前は知っていたが見たことはなかったといい、収録に入る前は前の声優に引っ張られるのも嫌で自分なりの鬼太郎をやりたかったため過去作品はチラッと見るだけだったという[16]2008年12月20日に公開された『劇場版 ゲゲゲの鬼太郎 日本爆裂!!』の同時公開の『ゲゲゲまつりだ!!五大鬼太郎』でも第4作の鬼太郎を演じ、過去に鬼太郎を演じた野沢雅子第1作第2作)と戸田恵子第3作)、公開当時放送されていた第5作で鬼太郎を演じた高山みなみと共演し、「『歴代の役者が集まってできたらいいな』とつねづね思っていたので話がきたときには鳥肌が立ち、一緒にやれてうれしかった」と語っている[17]

人物・特色

声種アルト[11]

声優としては、アニメ、外画吹き替えを中心に活躍している[18]

演じる役柄は元気な少年、内向的な嫌味な少年など色々なタイプを演じ分けている[12]。1981年時点では声の仕事に関しては、男の子役ばかりで、女の子役はほとんど演じてくれなかった[2]。一度、オーディションで何人か一緒に受けており、「つぎ、女の子の声やってみようか。」、「私も当然受けられる」と思い、やりかけていたところ、「あ、きみはいい、やらなくていい」と言われてしまったという[2]。もっとも、男の子のキャラクターのほうが、松岡自身もスッと入っていけて演じやすいという[2]。男の子として育ったことから、子供の頃から、女の子ばかり数人グループ作っており、ああいう感じ、絶対、生理的にダメだったことから男の子の心理のほうがよくわかっていたという[2][10]。1981年時点では色っぽさにも挑戦しており、子供の頃から少し髪のばすと、すぐ切られていたが、はじめて、ここまでのばしていたという[2]。1981年時点では東京都新宿区下落合の俳協のレッスン場で、レオタード姿で、ジャズダンスを激しく情熱的におどったり、ゆかた姿でしなやかに色っぽく日本舞踊をおどっていたという[10]

趣味・特技はジャズダンスタップダンス日本舞踊[5]

家族に妹がいる[2]

出演

太字はメインキャラクター。

テレビアニメ

1974年
1975年
1977年
1978年
1979年
1980年
1981年
1982年
1984年
1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1994年
1995年
1996年
1998年
1999年
2000年
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年
2017年

劇場アニメ

1982年
1988年
1989年
1990年
1991年
1993年
1994年
  • どすこい!わんぱく土俵(大野勝治[9]
1996年
1997年
2005年
2008年
2010年
2019年

OVA

1988年
1989年
1990年
1991年
1992年
1994年
1996年
1999年
2000年
2006年
2008年
2009年
2011年

Webアニメ

ゲーム

1990年
1992年
1993年
1994年
1997年
1999年
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ 新たなる挑戦者(カール・リヒター・フォン・ランドル)
2001年
2002年
2003年
2004年
2005年
2008年
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ VS(カール・リヒター・フォン・ランドル)
2011年
2014年
2015年
2018年
2019年
2021年

ドラマCD

  • コズミック・ファンタジー外伝 銀河商人の罠(マザー)
  • 新世紀GPXサイバーフォーミュラシリーズ(カール・リヒター・フォン・ランドル)
    • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ ROUND1 サイバー・デート大作戦! ※カセット
    • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ ROUND2 愛と哀しみの誕生日! ※カセット
    • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ ROUND3 カップルレースだ!大混戦!! ※カセット
    • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ ROUND5 魔法のときめき少女ミラクルあすかちゅあん ※カセット
    • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ PICTURELAND1 風にのせて
    • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ PICTURELAND2 白銀の対決
    • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA ROUND3 トラップ・オブ・ケルベロス
    • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA ROUND4 I WILL BE BACK
    • 新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA ROUND5 SAKURA
    • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ SAGAII ROUND1 真実の一瞬
    • 新世紀GPXサイバーフォーミュラ SAGAII ROUND3 鋼鉄のマイスタージンガー
  • 魔動王グランゾート遥大地)※カセット
  • ドラマCD TVアニメーション「Devil May Cry」Vol.2(フォスター)

CD

  • ゲゲゲの鬼太郎(第4作)音楽CD(鬼太郎)
    • 鬼太郎行進曲
    • ゲゲゲの音頭
  • 忍者マン一平(アニメソング・アルティメットBOXI -昭和篇-(6枚組)¥8172)
    • 【OP】あつまれ!ゆかいな忍者たち
    • 【ED】はいやー!一平GO&GO

吹き替え

映画

ドラマ

アニメ

人形劇

テレビドラマ

テレビ番組

人形劇

ラジオ

舞台

  • 雨(おたか)
  • 安寿と厨子王(母)
  • おかしな二人
  • 地獄のオルフェ
  • 杜子春(小蘭)
  • 飛べ!京浜ドラキュラ
  • 走れメロス(セレーネ)
  • はっけよいぺれったぺれった
  • 船乗りクプクプの冒険
  • リリオム(ユリ)
  • わが町(エミリー)
  • 梅沢劇団客演

その他コンテンツ

出典

  1. ^ 『芸能手帳タレント名簿録Vol.39('04〜'05)』連合通信社・音楽専科社、2004年5月3日、250頁。 
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y 「声優24時 vol.36 わんんぱく少年役は天職?でも、たまには女の子役もやらせてー 松岡洋子」『アニメージュ』1981年9月号、徳間書店、1981年8月、169-171頁。 
  3. ^ a b c 松岡洋子”. allcinema. スティングレイ. 2019年7月31日閲覧。
  4. ^ “松岡 洋子”. Excite News. エキサイト株式会社. https://www.excite.co.jp/news/dictionary/person/PEb7f79a4600613fd197dc4f50d7bb0710ba9d20fa/ 2022年4月9日閲覧。 
  5. ^ a b c 松岡 洋子- (ま行):株式会社81プロデュース‐声優プロダクション”. 2023年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2023年12月1日閲覧。
  6. ^ a b 『日本タレント名鑑(2001年〜2002年版)』VIPタイムズ社、2001年、845頁。 
  7. ^ 松岡 洋子”. 81プロデュース. 2006年11月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2024年2月16日閲覧。
  8. ^ 『日本タレント名鑑(1997年版)』VIPタイムズ社、1997年、770頁。 
  9. ^ a b c d 掛尾良夫 編「女性篇」『声優事典 第二版』キネマ旬報社、1996年3月30日、528頁。ISBN 4-87376-160-3 
  10. ^ a b c d e f g h i j 「声優クローズUP」『ジ・アニメ』1981年10月号、近代映画社、1981年9月、160頁。 
  11. ^ a b c 『声優の世界-アニメーションから外国映画まで』朝日ソノラマファンタスティックコレクション別冊〉、1979年10月30日、102頁。 
  12. ^ a b 【声優の履歴書】第55回 『ゲゲゲの鬼太郎(第4作)』で、鬼太郎を演じた・松岡洋子”. リアルライブ (2014年2月13日). 2020年2月1日閲覧。
  13. ^ 『声優名鑑 アニメーションから洋画まで…』近代映画社、1985年、148頁。 
  14. ^ 『ゲゲゲの鬼太郎』1期から6期までの歴代声優一覧”. アニメイトタイムズ. アニメイト (2018年4月18日). 2020年6月1日閲覧。
  15. ^ 高木渉、大塚明夫、松岡洋子が続投『僕のワンダフル・ジャーニー』吹替版予告 新たに石川界人、朴璐美らが吹替に参加”. 映画ランドNEWS. 映画ランド (2019年7月9日). 2020年6月1日閲覧。
  16. ^ a b 田神健一・奥津圭介・中村亜津沙編 『アニメ版 ゲゲゲの鬼太郎 完全読本』 講談社、2006年、318-321頁。ISBN 4-062-13742-9
  17. ^ 「歴史的瞬間」と京極夏彦も感激 - 劇場短編アフレコに歴代鬼太郎勢揃い!”. マイナビニュース. マイナビ (2020年6月1日). 2020年6月1日閲覧。
  18. ^ 松岡洋子|タレントデータバンク”. 2019年7月31日閲覧。
  19. ^ おれは鉄兵”. 日本アニメーションOFFICIAL SITE. 日本アニメーション. 2022年12月9日閲覧。
  20. ^ 戦国魔神ゴーショーグン”. メディア芸術データベース. 2017年2月5日閲覧。
  21. ^ 忍者マン一平”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年5月15日閲覧。
  22. ^ 燃える!お兄さん”. ぴえろ公式サイト. 2020年4月27日閲覧。
  23. ^ ジャングルブック・少年モーグリ”. 日本アニメーションOFFICIAL SITE. 日本アニメーション. 2023年4月16日閲覧。
  24. ^ Character”. 魔動王グランゾート 公式サイト. 2020年6月14日閲覧。
  25. ^ ピグマリオ”. 日本アニメーションOFFICIAL SITE. 日本アニメーション. 2023年6月4日閲覧。
  26. ^ キン肉マン キン肉星王位争奪編”. 東映アニメーション. 2022年7月22日閲覧。
  27. ^ トラップ一家物語”. 日本アニメーション. 2016年5月18日閲覧。
  28. ^ STAFF&CAST|新世紀GPXサイバーフォーミュラ”. 新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB. 2021年3月21日閲覧。
  29. ^ ゲゲゲの鬼太郎(第4期)”. 東映アニメーション. 2022年7月12日閲覧。
  30. ^ アルビダ”. ONE PIECE.com. 2022年9月13日閲覧。
  31. ^ 浮浪雲”. マッドハウス. 2016年5月20日閲覧。
  32. ^ それいけ!アンパンマン 第3弾 ドキンちゃんのドキドキカレンダー”. トムス・エンタテインメント 公式サイト. トムス・エンタテインメント. 2024年5月15日閲覧。
  33. ^ ゲゲゲの鬼太郎 大海獣”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  34. ^ ゲゲゲの鬼太郎 おばけナイター”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  35. ^ ゲゲゲの鬼太郎 妖怪特急! まぼろしの汽車”. 東映アニメーション. 2022年7月15日閲覧。
  36. ^ 劇場版『ONE PIECE STAMPEDE』追加キャストに竹中直人、フィッシャーズ、ロン・モンロウ決定!登場キャラクターも追加発表!”. ONE PIECE.com (2019年5月25日). 2019年5月26日閲覧。
  37. ^ 小助さま 力丸さま コンペイ島の竜”. J.C.STAFF オフィシャルホームページ. ジェー・シー・スタッフ. 2023年4月2日閲覧。
  38. ^ 超人ロック ロードレオン”. 日本アニメーション. 2016年6月29日閲覧。
  39. ^ 『魔動王グランゾート メモリアルブック』新紀元社、2006年5月17日、163頁。ISBN 978-4-7753-0461-7 
  40. ^ STAFF&CAST|新世紀GPXサイバーフォーミュラ11”. 新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB. 2021年3月21日閲覧。
  41. ^ STAFF&CAST|新世紀GPXサイバーフォーミュラZERO”. 新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB. 2021年3月21日閲覧。
  42. ^ STAFF&CAST|新世紀GPXサイバーフォーミュラSAGA”. 新世紀GPXサイバーフォーミュラ OFFICIAL WEB. 2021年3月21日閲覧。
  43. ^ 登場人物”. 『ポポロクロイス牧場物語』公式サイト. 2015年3月2日閲覧。
  44. ^ 金色のガッシュベル!! Golden Memoriesの2019年9月6日のツイート2019年9月6日閲覧。
  45. ^ “CAST&STAFF”. 映画『僕のワンダフル・ライフ』. http://boku-wonderful.jp/cast.html 2017年8月10日閲覧。 
  46. ^ “🐾豪華日本語吹替版キャスト解禁🐾 高木渉が再び生まれ変わる!大塚明夫&松岡洋子も続投!さらに、本作から参加する石川界人・朴璐美・鈴木達央ら 新たな”犬生”を彩る人気実力派声優陣が発表! 吹替版予告映像も解禁!”. 映画『僕のワンダフル・ジャーニー』. https://boku-wonderful.jp/news/2019/07/09/journey0709/ 2019年7月9日閲覧。 
  47. ^ “実写版「ONE PIECE」シャンクスの吹き替えは池田秀一!千葉繁、土井美加らアニメ声優続投”. シネマトゥデイ. (2023年8月25日). https://www.cinematoday.jp/news/N0138676 2023年8月25日閲覧。 
  48. ^ とびだす!3D 東映アニメまつり|キャラクター/キャスト”. 東映アニメーション. 2023年1月15日閲覧。

外部リンク