段思英(だんしえい)は大理国の第2代王。

段思英
大理
2王
王朝 大理
在位期間 944年 - 945年
姓・諱 段思英
諡号 文経皇帝
没年 不詳
年号 文経 : 945年

944年に即位し、翌年文経と改元した。その退位に諸説あり、一説には段思良との王位継承を巡る争いにより廃帝され出家、宏修大師となったというものと、酒色に溺れ政務を省みなかったため群臣により廃帝となったためとも考えられている。

先代:
神武帝
大理国
第2代:944年-945年
次代:
慈武帝