母親から教師から

母親から教師から』(ははおやからきょうしから)は、1959年1月10日から1965年4月3日までNHK教育テレビで放送されていた教育番組

概要編集

PTAの母親・教師を対象にして、児童の教育をのぞましい姿で進めるため、こどもの生活や学習態度を番組で再現[1]

母親、教師それぞれの立場から悩みや意見を聞きながら相談に答えていく[1]

小学生の保護者向け番組は1965年度より『おかあさんの勉強室』に引き継がれる。

基礎情報編集

放送時間
  • 1959年1月 - 1960年3月:土曜日13:30 - 14:00
  • 1960年4月 - 1964年3月:土曜日13:00 - 13:30
  • 1964年4月 - 1965年4月:土曜日13:30 - 14:00
解説

参考文献編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 「母親から教師から / 赤堀正宜」『放送教育』第17巻第9号、日本放送教育協会、1962年12月1日、 46 - 47頁、 NDLJP:2341220/25

関連項目編集

外部リンク編集

NHK教育テレビ 土曜日13:30-14:00
前番組 番組名 次番組
-
母親から教師から
NHK教育テレビ 土曜日13:00-13:30
教師の時間
母親から教師から
NHK教育テレビ 土曜日13:30-14:00
母親から教師から
NHK教育テレビ 小学生保護者向け番組
-
母親から教師から