毎日テニス選手権

毎日テニス選手権(まいにちテニスせんしゅけん)は、毎年7月から9月にかけて有明テニスの森公園他東京都内で開催される、テニストーナメントである。略称「毎トー」。主催は毎日新聞社。日本最古の公認テニストーナメント[注釈 1]であると同時に、一般の個人が幅広い世代に渡って参加できるオープン大会でもある。

歴史編集

1919年8月に東京日日新聞(現・毎日新聞)運動部長の弓館芳夫の提唱により、東京高等商業学校(現・一橋大学)コートで「東京オールドボーイズ大会」として第1回が開催された。

第12回大会(1930年)より女子種目が加わった。

太平洋戦争のため第24回大会(1942年)を最後に中断となるが、1946年に再開され現在に至る。

一般向けオープントーナメントであるが、トップ選手も多く輩出している。

種目編集

  • 一般(男女シングルス・ダブルス・混合ダブルス)
  • ベテラン(男女シングルス・ダブルス)
  • ジュニア(男女シングルス・ダブルス)

脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 非公認を含めると軽井沢国際テニストーナメントが日本最古となる。

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集