比志島 義興(ひしじま よしおき)は、安土桃山時代武将島津氏の家臣。

 
比志島義興
時代 安土桃山時代
生誕 永禄4年(1561年
死没 慶長4年(1599年)6月
改名 千代三郎丸(幼名)→義武→義興
別名 通称:彦太郎
官位 左馬介
主君 島津義久
氏族 比志島氏
父母 父:比志島義基、母:比志島国守
兄弟 義興北原兼茂
島津芳忠
義元
テンプレートを表示

生涯編集

永禄4年(1561年)、比志島義基の嫡男として誕生。

天正3年(1575年12月14日元服を果たすと、天正6年(1578年)の耳川の戦いには父と共に参戦して功を為した。天正8年(1580年)の肥後国矢崎城攻めや天正10年(1582年)の水俣城攻め、天正12年(1584年)の沖田畷の戦いでも軍功を為す。天正14年(1586年)6月の筑紫広門征伐では大将を務め、根白坂の戦いの際も父と共に功を上げた。

その後は文禄・慶長の役にも参加したが、慶長4年(1599年)に実弟・北原兼茂と叔父・比志島国家と共に上洛した際、程なくして伏見にて病死した。享年39。父・義基に先立つこと4年であった。

出典編集

  • 本藩人物誌』 鹿児島県史料集(13) (鹿児島県史料刊行委員会)