メインメニューを開く

毛利豊元

室町時代の武士、安芸国の国人、毛利煕元の子、安芸毛利氏当主

毛利 豊元(もうり とよもと)は、室町時代安芸国国人毛利氏当主。備後守護山名是豊の麾下として、河内紀伊を転戦した。「豊元」の名も山名是豊から偏諱を受けて名乗ったもの。

 
毛利豊元
時代 室町時代後期
生誕 文安元年(1444年[1]
死没 文明8年5月28日[1]1476年6月19日
改名 松寿丸(幼名)[1]、豊元
別名 少輔太郎[1]
戒名 広修寺殿前禮部月江常澄大居士[1]
墓所 広島県安芸高田市吉田郡山城跡内
官位 治部少輔[1]
主君 山名是豊大内政弘
氏族 大江姓毛利氏
父母 父:毛利煕元[1]、母:不詳
兄弟 豊元元家、女(山内時通妻)
粲室妙珠禅定尼[1][注釈 1]
弘元[1]兼重元鎮、女(国司元純[2]

目次

生涯編集

応仁の乱では是豊が東軍であったため、豊元も東軍に属し、京都で戦乱の日々を送った。しかし、東軍側の毛利氏への措置に不満を抱いた豊元は、文明3年(1471年)に帰国すると、西軍側の有力大名の大内政弘に味方して所領を取り返した。これ以後、毛利氏は大内氏傘下の国人領主の一つとなる。

豊元は東軍支援の徳政一揆を鎮圧したほか、大内氏の安芸支配の本拠・鏡山城を包囲した東軍を追い払うなど、大内氏の安芸への勢力伸張に貢献することとなる。この戦功により、大内政弘から西条盆地の一部を所領として与えられた。また、備後国では西軍の山名政豊を助け、元の主である東軍方の是豊の軍勢と激闘を繰り広げ、これを撃退し、世羅台地の一部を獲得した。

毛利氏の勢力拡大に尽力したが、文明8年(1476年)に33歳で病没した。

脚注編集

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ 死没年月日は延徳3年7月4日1491年8月18日[1]

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g h i j 時山弥八編 1916, p. 69.
  2. ^ 時山弥八編 1916, p. 70.

参考文献編集

  •  時山弥八編『国立国会図書館デジタルコレクション 稿本もりのしげり』、1916年。NCID BN04718592

関連項目編集