毛利 高通(もうり たかみち)は、江戸時代中期の豊後国佐伯藩の世嗣。官位従五位下摂津守

 
毛利高通
時代 江戸時代中期
生誕 元禄16年(1703年
死没 享保18年7月23日1733年9月1日
官位 従五位下摂津守
豊後佐伯藩世嗣
氏族 毛利氏
父母 毛利高慶宗義真の娘・常
兄弟 高通高能南部信之戸田忠言正室、大久保教純正室
正室:藤田氏
高丘一高松平直道継室
テンプレートを表示

略歴 編集

6代藩主・毛利高慶の長男。母は宗義真の娘。

佐伯藩嫡子として生まれ、享保2年(1717年徳川吉宗に拝謁し叙任する。しかし、病弱を理由に享保4年(1719年)に廃嫡され、代わって弟・高能が嫡子となった。享保18年(1833年)、31歳で没した。

系譜 編集

脚注 編集