メインメニューを開く

気分を出してもう一度」(きぶんをだしてもういちど)は、安井かずみ加藤和彦が制作した楽曲。1977年から翌年にかけて4組のアーティストによる音源が発売された。

目次

解説編集

安井かずみが歌詞を手がけ、加藤和彦が作曲したボサノヴァ調の楽曲で、1977年から翌年にかけて“立木リサ&今野雄二”、小林啓子RAJIE(ラジ)、そして作曲者の加藤和彦自身によるヴァージョンがリリースされた。2002年には野宮真貴のカバー・ヴァージョンも発表されている。

立木リサ&今野雄二のヴァージョン編集

気分を出してもう一度
立木リサ&今野雄二シングル
B面 20才(はたち)のころ
リリース
規格 シングルレコード
録音 1977年 (1977)
ジャンル ボサノヴァ
ポップ・ミュージック
時間
レーベル CBS/SONY
06SH 175
作詞・作曲 安井かずみ、加藤和彦
プロデュース 田辺昭知
金井浩
立木リサ&今野雄二 シングル 年表
-気分を出してもう一度
(1977年)
-
テンプレートを表示

この曲の初発売は立木リサと今野雄二による男女のデュエット歌唱によるヴァージョンで、1977年7月にリリースされた。カップリングかまやつひろしによるボサノヴァ調の楽曲で[1]、バックは後続の3つのヴァージョンともどもサディスティックスのメンバーを中心とするミュージシャンが務めている。カバー写真は当時立木と婚姻関係にあった写真家の立木義浩によるもので、クレジットには立木と今野が撮影時に使用した装飾品や香水なども記載されている[2]。なお、このヴァージョンは2015年にCD化された。[3]

収録曲編集

全編曲:瀬尾一三
収録時間とパーソネル、クレジット表記はオリジナル・シングルレコードに基づく。

SIDE A編集

  1. 気分を出してもう一度 - (4:16)
    作詞:安井かずみ、作曲:加藤和彦

SIDE B編集

  1. 20才(はたち)のころ - (4:10)
    作詞:なかにし礼、作曲:かまやつひろし

パーソネル編集

クレジット編集

  • エグゼクティブ・プロデューサー - 田辺昭知
  • プロデューサー - 金井浩
  • ディレクター - 高久光雄
  • アシスタント・ディレクター - 須藤晃
  • ミキサー - 田中三一


小林啓子のヴァージョン編集

気分を出してもう一度 WE CAN DANCE
小林啓子シングル
初出アルバム『ちょっと気分をかえて
B面 丁度そんな風の中
リリース
規格 シングルレコード
録音 1977年 (1977)
ジャンル ポップ・ミュージック
時間
レーベル キングレコード
GK-8030
作詞・作曲 安井かずみ、加藤和彦
プロデュース 高橋信之
小林啓子 シングル 年表
レイルウェイ・ララバイ〜一枚の切符から〜
(1977年)
気分を出してもう一度 WE CAN DANCE
(1977年)
明日咲くつぼみに。
2004年
ちょっと気分をかえて 収録曲
  1. 気分を出してもう一度
  2. ちょうどそんな風の中
  3. ショートカット
  4. その人は誰……
  5. 木蓮
  6. このかるい感じが好きなんです
  7. さよなら列車
  8. ふしぎな日
  9. 比叡おろし
  10. レイルウェイ・ララバイ〜一枚のキップから〜
テンプレートを表示

小林啓子のシングルは1977年8月発売。これはソロ歌唱によるもので、2曲とも一部タイトル表記を変えて同月発売のアルバム『ちょっと気分をかえて』に収録された。なお、カバー写真もアルバムと同じ芹沢稔のフォトセッションからの1枚で、こちらは小林が独りだけで撮影された写真を用いている。

収録曲編集

収録時間とパーソネル、クレジット表記はオリジナル・シングルレコードに基づく。

SIDE A編集

  1. 気分を出してもう一度 WE CAN DANCE - (3:53)
    作詞:安井かずみ、作曲:加藤和彦、編曲:高橋信之

SIDE B編集

  1. 丁度そんな風の中 - (3:57)
    作詞/作曲/編曲:高橋幸宏

パーソネル編集

  • キーボード - 今井裕
  • アコースティック・ギター - 吉川忠英笛吹利明
  • エレクトリック・ギター - 松木恒秀
  • ベース - 後藤次利
  • ドラムス - 高橋幸宏
  • パーカッション - 斉藤ノブ
  • コーラス
    • BUZZ
    • 今井裕
    • 高橋幸宏
    • 高橋信之
    • 小林啓子
    • RAJIE

クレジット編集

  • A&R プロデューサー - 高橋信之
  • ディレクター - 安藤賢次
  • エンジニア - 千葉精一
  • フォトグラファー - 芹沢稔
  • カバーデザイン - 宇根秀訓
  • コスチューム - BUZZ SHOP

RAJIEのヴァージョン編集

気分を出してもう一度
RAJIE楽曲
収録アルバム HEART to HEART
リリース 1977年9月21日 (1977-09-21)
規格 レコード
録音 1977年7月8日 - 8月16日
CBS/SONY 1st&2nd スタジオ(六本木)
サウンドシティ・スタジオ
ジャンル ポップ・ミュージック
時間 4分19秒
レーベル CBS/SONY
作詞者 安井かずみ
作曲者 加藤和彦
プロデュース 後藤次利
高橋幸宏
HEART to HEART収録順

素敵なフィーリング
(7)
気分を出してもう一度
(8)
エアポート
(8)

RAJIE(ラジ)によるヴァージョンはソロ歌唱によるもので、1977年9月21日に発売されたアルバム『HEART to HEART』に収録され、後藤次利が編曲を手がけている。

パーソネル編集

  • ヴォーカル、コーラス - RAJIE
  • ベース - 後藤次利
  • ドラムス - 高橋幸宏
  • ギター - 鈴木茂
  • パーカッション - 斎藤ノブ
  • エレクトリック・ピアノ - 今井裕
  • ブラス - ジェイク・H.コンセプション・グループ


加藤和彦のヴァージョン編集

気分を出してもう一度
加藤和彦楽曲
収録アルバム ガーディニア
リリース 1978年2月5日 (1978-02-05)
規格 レコード
録音 1977年10月 (1977-10) - 11月
サウンド・シティ・スタジオ
東芝EMIスタジオ
ジャンル サンバ
ボサノヴァ
AOR
時間 5分44秒
レーベル DOUGHNUT / 東芝EMI
作詞者 安井かずみ
作曲者 加藤和彦
プロデュース 加藤和彦
ガーディニア収録順

「Today」
(2)
気分を出してもう一度
(3)
「時の流れ」
(4)

この曲の作曲者である加藤和彦のヴァージョンは1978年2月5日に発売されたソロ・アルバム『ガーディニア』に収録されている。なお、ここで安井かずみは一部歌詞を書き変えており、この曲の音源で唯一歌詞が異なるヴァージョンとなっている。

パーソネル編集

  • ヴォーカル、ギター - 加藤和彦
  • ギター - 鈴木茂
  • ピアノ - 坂本龍一
  • ドラムス - 高橋幸宏
  • ベース - 後藤次利
  • ギター・ソロ - 渡辺香津美
  • トロンボーン・ソロ - 向井滋春
  • パーカッション - 斉藤ノブ
  • ストリングス & ホーン・アレンジ - 坂本龍一


カバー編集

野宮真貴2002年11月7日に発売されたアルバム『Lady Miss Warp』にてこの曲をカバーしている。ここで野宮はクレイジーケンバンドをバックに横山剣とのデュエットで歌っており、掛け合いも立木と今野のそれを踏襲している。

参考文献編集

脚注編集

  1. ^ 収録アルバム『ムッシュー/かまやつひろしの世界』(1970年2月、フィリップス)
  2. ^ 『ミュージック・マガジン』2009年12月号 p.62
  3. ^ コンピレーション・アルバム『Light Mellow Twilight』(2015年1月14日発売、ソニーミュージック MHCL-2497)収録。ただし、カップリング曲「20才のころ」は未LP・CD化。

外部リンク編集