メインメニューを開く

特定非営利活動法人気象キャスターネットワーク(きしょうキャスターネットワーク)は、日本特定非営利活動法人(NPO法人)で、気象予報士による団体の一つ。気象予報士による団体としては、公的性格をもつものとして「一般社団法人日本気象予報士会」(以下「予報士会」とする)があるが、こちらは主に放送の分野で活動する気象予報士によって構成されている。公開情報によると、「環境・気象教育」「防災知識の普及・啓発」「これらを通しての気象キャスター育成・支援」を活動内容としている。

気象キャスターネットワーク
WEATHERCASTER NETWORK
略称 WCN
国籍 日本の旗 日本
格付 特定非営利活動法人
専門分野 気象防災
設立日 2004年2月13日
代表者 藤森涼子
事務所 東京都台東区上野桜木1-14-21 高遠レジデンス上野桜木202号
事務局員/会員 238名(2013年 4月12日時点)
外部リンク http://www.weathercaster.jp/
テンプレートを表示

概要編集

現在NHKの気象キャスターを務める平井信行が発起人となって2004年に発足。この当時予報士会はまだ任意団体だったこともあり、テレビで活動する予報士がその後次々と加入した。その範囲は北から南まで広がり、所属団体・出演放送局の壁を越え、おなじみの顔が数多く参加している。また、気象防災とも密接に係わることから、参加者の中には防災士の資格も持つケースがある。こうしたメンバーは、主に防災教育の活動を担っている。

平井は体調を崩したこともあって2009年までに顧問に退き、現在は藤森涼子が代表を務める。

外部リンク編集