永井尚志 (加納藩嫡子)

永井 尚志(ながい なおゆき)は、江戸時代中期の美濃国加納藩の世嗣。別名に尚忠官位従五位下山城守

 
永井尚志
時代 江戸時代中期
生誕 享保17年(1732年
死没 宝暦11年9月8日1761年10月5日
別名 尚忠
官位 従五位下山城守
美濃加納藩世嗣
氏族 永井氏
父母 永井直陳松平信庸娘・芳
兄弟 尚俶尚志、久姫、松平親盈正室
松平乗祐
テンプレートを表示

略歴編集

加納藩初代藩主(当時は岩槻藩主)永井直陳の次男として誕生した。母は松平信庸の娘・芳。正室は松平乗祐の娘。

宝暦6年(1756年)、兄で加納藩嫡子だった尚俶が早世したため嫡子となる。同年徳川家重に拝謁し叙任するが、兄同様に家督を相続することなく早世した。

代わって、従弟にあたる尚備が養子に迎えられ嫡子となった。