メインメニューを開く

永友 香奈子(ながとも かなこ、1964年4月20日 - )は、日本の元女子プロレスラー北海道函館市出身。

永友 香奈子
プロフィール
リングネーム 永友 香奈子
ニックネーム カナ坊
誕生日 (1964-04-20) 1964年4月20日(55歳)
出身地 北海道函館市
スポーツ歴 ハンドボール
デビュー 1983年6月24日
引退 1987年6月28日
テンプレートを表示

経歴編集

函館大学付属柏稜高校ではハンドボール部で活躍。

卒業後はジャッキー佐藤に憧れ、全日本女子プロレスに昭和58年組として入門。同期にブル中野小倉由美小松美加、後にレフェリーに転じる柳下まさみ

1983年6月24日、函館市民体育館での小倉由美戦でデビュー。

小松美加とのタッグ「オペロン同盟」で活躍した。

1986年、6月後楽園ホール大会で小松美加と組んで、全日本タッグ選手権の初代王者チーム小倉由美、永堀一恵に挑戦。永友のタイムアップ寸前の押さえ込みにより、王座を獲得した。小松との「オペロン同盟」は実力よりキャラクターの魅力で人気があった。女子プロレス誌に連載企画を持ったり、全日本女子プロレス中継内のバラエティコーナーで、レポーターを務めたことも。全日本タッグ選手権は1度の防衛後、11月の大阪城ホール大会で前王者チームに奪い返された。

テレビドラマ「毎度おさわがせします 」(TBS系)でレギュラー出演。 1984年には女子プロレスを題材にしたテレビドラマ輝きたいの」に、劇中のプロレス団体「東洋女子プロレス」の所属レスラーとして出演。

1987年6月28日後楽園ホールにて小松と引退試合を行い、4年間の現役生活にピリオドを打つ。

引退後、吉本女子プロレスJd'のマネージャーを務めていた。

現在は地元に帰り結婚。

ボーイッシュ風の写真集を一冊刊行している。

得意技編集

  • ランニングフェイスバスター
  • 回転エビ固め
  • ドロップキック

タイトル歴編集

外部リンク編集