P&Gパンテーンドラマスペシャル永遠の1.8秒(えいえんのいってんはちびょう)はフジテレビ系列(関東・関西ほか一部地域のみ)で2007年2月12日15:58-16:55に放送されたテレビドラマ。提供は番組タイトルにあるP&Gである。視聴率は7.4%。

「パンテーンドラマスペシャル名作選」として2010年3月10日にBSフジで再放送。

概要・物語編集

水泳部に所属し、シンクロナイズドダイビングの選手である前田夏希と小林はるかが主人公のドラマ。二人は高校3年生で大学受験を控えている。そして夏希は部活で良い成績を残し、大学の推薦を取ろうと意気込んでいた。はるかも当然それを応援し、「自分が夏希の足を引っ張っていてはいけない」と思い部の休みの日にも練習をし始める。しかしそれを見た顧問は、はるかを大学に推薦する事に決め、夏希には「おまえが足をひっぱっていた」と告げる。その日以来、夏希とはるかの関係は微妙になってしまい……。

出演者編集

スタッフ編集

その他編集

  • 2人が飛び込む時のタイミングを合わせる合い言葉"Witch Queen Rose"は、2人が飛び込みを始めるときに決めたものである。この合い言葉はおジャ魔女どれみに登場する女王が生まれる場所からとったものと設定されている。
  • 主演の成海璃子の実年齢は14歳であり、今作では4歳年上の役を演じた。また『P&Gパンテーンドラマスペシャル』の主演女優の中でも異例の年齢である。
  • 成海は「飛び込み台の高さよりも、プールの深さの方が怖かった」と語っている。なお劇中で着用したデサントのアリーナの競泳用水着はこの作品以降様々な女性芸能人がボム週刊プレイボーイクリームモエツコなどをはじめとして、アイドルのイメージDVDで着用した。なおファーストシーンの成海璃子か着用した競泳用水着と同じ水着を着用した、芸能人の名前は元チェルシーの村越みゅう岡田さやか大原優のレースクイーンの池内リナなどです。

関連項目編集

フジテレビ P&Gパンテーンドラマスペシャル
前番組 番組名 次番組
永遠の1.8秒