本来の表記は「汀漳道」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

汀漳道(ていしょう-どう)は中華民国北京政府により設置された福建省の道。

中華民国 福建省 (中華民国)省 汀漳道
1913年 - 1927年
簡体字 汀漳
繁体字 汀漳
拼音 Tīngzhāng
カタカナ転記 ティンヂャン
国家 中華民国
福建省 (中華民国)
行政級別
政府所在地 竜渓県
建置 1913年
廃止 1927年
面積
- 総面積 km²
人口

沿革編集

1913年民国2年)2月12日、西路道として成立、観察使は竜渓県に置かれ、下部に長汀、寧化、上杭、武平、清流、連城、帰化、永定、雲霄、竜渓、漳浦、南靖、長泰、平和、詔安、海澄、竜岩、漳平、寧洋の19県を管轄した。1914年(民国3年)5月23日、汀漳道と改称され、観察使も道尹と改められた。道治の竜渓県は道域の東部に位置し交通に不便があったこと、秦代には直隷州の州治が竜岩県に設置されていたことより、同年7月に、道尹は竜岩県に移転されている。1915年(民国4年)9月には新に東山県を管轄した。1927年(民国16年)に廃止されている。

行政区画編集

廃止直前の下部行政区画は下記の通り。(50音順)

脚注編集