汚染

自然環境に有害な変化をもたらす物質で汚すこと

汚染(pollution )とは、混入物が自然環境に入り、良くない変化を引き起こすことである[1]。汚染は、化学物質または雑音や熱、光といったエネルギーの形をとりうる。汚染の構成要素である汚染物質は、外的な物質やエネルギー、または自然に生じる混入物のいずれかである。汚染は点源汚染非点源汚染に分類されることが多い。2015年には、汚染により世界中で900万人が死亡した[2][3]

燃焼酸化装置製造時の排気流を浄化させる。
ガイアナの海岸におけるポイ捨て問題(2010年)

汚染の主な形には、大気汚染光害ポイ捨て騒音プラスチック汚染土壌汚染放射能汚染熱公害景観破壊 (en、および水質汚染が含まれる。

関連項目編集

参照編集

外部リンク編集