メインメニューを開く
汚職撲滅委員会のエムブレム

汚職撲滅委員会[1][2](おしょくぼくめついいんかい、インドネシア語Komisi Pemberantasan Korupsi, KPK)は、インドネシア汚職捜査機関である。

背景編集

従来インドネシアでは汚職捜査権限は警察検察だけに存在したが、2002年に汚職犯罪を撲滅する組織を設置する法案が可決され[3][4]、翌2003年に汚職撲滅委員会が発足した[3][5]

任務編集

汚職捜査起訴し、政府を監視することなどが任務である[3]

権限編集

捜査にあたっては、盗聴、海外渡航禁止命令、財産情報の調査、口座凍結命令など強い権限を有する。

関連項目編集

注釈編集

外部リンク編集