メインメニューを開く

江の島・鎌倉フリーパス

小田急電鉄などが発売している企画乗車券
小田急電鉄発行のパス

江の島・鎌倉フリーパス(えのしま・かまくらフリーパス)は、小田急電鉄および相模鉄道西武鉄道東京急行電鉄が発売している周遊券である。

概要編集

 
高徳院 鎌倉大仏

小田急線発駅から江ノ島線藤沢駅までの往復乗車券と 江ノ島線藤沢駅 - 片瀬江ノ島駅間、および江ノ島電鉄線全線が乗り降り自由の周遊券である。有効期間は使用開始日を含めて1日間。 小田急線発駅から江ノ島電鉄線極楽寺~鎌倉間への各駅を往復する場合はこの乗車券を利用した場合がお得になる。[1] また、江ノ島・鎌倉地域の施設で優待も受けられる。


JR東日本がかつて発売していた、鎌倉・江ノ島フリーきっぷと違い、湘南モノレールとJR線は利用できない。

その他編集

  • 相鉄側の発売する分は上記に相鉄線発駅から相鉄線大和駅までの往復割引乗車券が追加される。小田急線への乗り換えは大和駅で行うことができる(湘南台駅では乗り換え不可)。
  • 西武側の発売する分は上記に西武線発駅から西武線西武新宿駅または池袋駅までの往復割引乗車券が追加される。小田急線への乗り換えは新宿駅で行うことになるが、JR新宿駅 - 高田馬場駅または池袋駅間を利用する場合は別途運賃を支払うことになる[2]
  • 東急側の発売する分は上記に東急線発駅(田園都市線に限る)から中央林間駅までの往復割引乗車券が追加される。小田急線への乗り換えは中央林間駅で行うことができる。

発売箇所編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 例を挙げれば小田急線の新宿~藤沢間の運賃が600円、江ノ島電鉄線の藤沢~鎌倉間の運賃が310円なので
    このフリーパスを使用した場合は新宿発は1520円となり普通乗車券を購入する場合と比べると300円もお得になる。
  2. ^ 池袋駅経由は西武池袋線狭山線西武秩父線の駅のみ販売。また、保谷駅 - 椎名町駅間の各駅と豊島園駅は池袋駅経由のみ販売

関連項目編集

外部リンク編集