この項目ではを扱っています。閲覧環境によっては、色が適切に表示されていない場合があります。

江戸紫(えどむらさき)は色名の一つ。JISの色彩規格では「こい青みの紫」としており、一般的にも青みがかった紫色をいう[1]江戸時代武蔵野に自生するムラサキソウを用いて江戸で染めたことからの色名と言われる[1]。赤みが強い京紫に対して青みの強いことが特徴[1]古代紫に対して「今紫」とも呼ばれ、くすんだ古代紫よりも鮮やか[1]。歌舞伎の人気演目『助六由縁江戸桜』で、主人公の助六が巻く鉢巻きの色が代表的な江戸紫として知られる[1]。他説として、紫に藍を加えて染め出した色という説や、赤みがかった紫色という説もある[1]

江戸紫
えどむらさき
 
16進表記 #745399
RGB (116, 83, 153)
CMYK (24, 46, 0, 40)
表示されている色は一例です

その他編集

江戸紫は順天堂大学がスクールカラーに制定している[2]。また、同志社大学はスクールカラーに制定する「ロイヤル・パープル」を「日本の古代紫と江戸紫の中間色」としている[3]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f 江戸紫(えどむらさき)とは” (日本語). コトバンク. 2020年5月25日閲覧。
  2. ^ 法人章・校章(マーク)・校歌|学校法人順天堂”. www.juntendo.ac.jp. 2020年5月25日閲覧。
  3. ^ 校名由来と同志社徽章|大学紹介|同志社大学”. www.doshisha.ac.jp. 2020年5月25日閲覧。

関連項目編集

外部リンク編集