メインメニューを開く

池ノ上 孝司(いけのうえ たかし、1955年9月29日[1] - )は、鹿児島県出身のハンドボール選手、指導者。1984年ロサンゼルスオリンピックハンドボール全日本男子代表。幻の1980年モスクワオリンピック代表でもあった。

来歴編集

鹿児島県立加治木工業高等学校日本体育大学出身。

卒業後、湧永製薬に入社。同社ハンドボール部(ワクナガレオリック)に所属。

全日本では、1978年デンマークで行われた世界選手権代表、1980年のモスクワ五輪、1982年西ドイツで行われた世界選手権代表、1984年のロサンゼルス五輪代表に選ばれている。

また、引退後は指導者としても活躍。ソニーセミコンダクタ九州監督[2]、女子学生代表コーチ[3]などを務めた。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Olympics”. sports-reference. 2012年7月15日閲覧。
  2. ^ 日本ハンドボール協会公式. “高松宮杯第39回全日本実業団ハンドボール選手権大会(女子の部)選手名簿”. 2009年9月4日閲覧。
  3. ^ 日本ハンドボール協会公式. “第3回女子学生世界選手権大会選手団”. 2009年9月4日閲覧。

関連項目編集