メインメニューを開く

池崎 大輔(いけざき だいすけ、1978年1月23日 - )は、日本ウィルチェアーラグビー選手。北海道函館市出身。三菱商事株式会社/北海道Big Dippers所属[1]

池崎 大輔
個人情報
国籍 日本の旗 日本
生誕 (1978-01-23) 1978年1月23日(41歳)
北海道函館市
スポーツ
競技 ウィルチェアーラグビー
障害クラス 3.0
チーム 北海道Big Dippers

来歴編集

6歳のとき、手足の筋力が徐々に低下する難病シャルコー・マリー・トゥース病と診断される[2]。 1995年、岩見沢高等養護学校在学中に車いすバスケットボールを始めたが、やがて腕の筋力が低下し思うようなプレーができくなくなったため、2008年から車いすラグビー(ウィルチェアーラグビー)に転向した[3]

2009年に北海道Big Dippersに入団。チームはその年の日本選手権で3位となり、池崎も活躍を認められ国内強化選手に選ばれた[3]。2010年4月、ウィルチェアーラグビー日本代表に選出され、8月の世界選手権(カナダ)では3.0クラスベストプレーヤー賞を受賞、代表チームも銅メダルを獲得した[4]。 2012年、ロンドンパラリンピックに出場し「ロンドンでは、4位や5位じゃ話にならない。最低でも銅。目標はあくまでも金」と目標をかかげ代表チームの主力として活躍したが3位決定戦でアメリカに敗れメダル獲得はならなかった[3][5]

2015年10月、三菱商事2015 IWRFアジアオセアニアチャンピオンシップで優勝し、リオデジャネイロパラリンピックの出場権を獲得。池崎は3.0クラスベストプレーヤー賞およびMVPを受賞した[4]。 2016年7月、三菱商事に入社[4]。リオデジャネイロパラリンピックでは準決勝でオーストラリアに敗れたが3位決定戦でカナダを破り銅メダルを獲得した[6]

2018年8月10日に行われた世界選手権決勝で、日本はリオ・パラリンピック王者のオーストラリアを62-61で破り初優勝を遂げ、池崎は最優秀選手 (MVP) に選ばれた[7]

脚注編集