メインメニューを開く

池田 延俊(いけだ のぶとし)は、因幡鹿奴藩(鳥取東館新田藩)の第5代藩主。

 
池田 延俊
時代 江戸時代中期
生誕 宝暦4年2月17日1754年3月10日
死没 明和8年3月7日1771年4月21日
改名 慶次郎(幼名)、延俊
戒名 仁厚院礼容玄智
墓所 鳥取県鳥取市国府町奥谷の池田家墓所
官位 従五位下、修理亮
幕府 江戸幕府 公家接待役
因幡国鹿奴藩
氏族 池田氏
父母 父:池田仲庸、母:鈴木氏
養父:池田澄延
兄弟 澄延延俊、安之助、数計子(勧修寺経逸室)
実子:なし、養子:澄時

宝暦4年(1754年)2月17日、第3代藩主・池田仲庸の次男として江戸で生まれる。明和6年(1769年)に同母兄で第4代藩主の澄延が死去したため、その養子として家督を継ぎ、12月19日に従五位下・修理亮に叙位・任官する。明和7年(1770年)2月には幕命で公家接待役を務めたが、明和8年(1771年)3月7日、鳥取で死去した。享年18。

実子がなかったため、跡を養子の澄時が継いだ。