メインメニューを開く

池田 政富(いけだ まさとみ、? - 文化9年(1812年))は、江戸時代後期の旗本

旗本池田政勝の三男。旗本池田方教婿養子。正室は養父方教の養女(先々代政朗の娘)。養子は池田政行。幼名直次郎。通称は将監

寛政3年(1791年)9月、旗本池田方教の急婿養子となり、3000石の知行を相続する。同年寄合となり、将軍徳川家斉御目見する。文化元年(1804年)、実兄若桜藩池田定常の娘奉子を養女とし、今治藩松平定休の六男千之助(政行)を婿養子に迎える。文化4年(1807年)に隠居し、家督を政行に譲る。文化9年(1812年)没。


先代:
池田方教
屋形池田家当主
第7代
1791年 - 1807年
次代:
池田政行