池田 隆徳(いけだ りゅうとく、1882年5月 - 1966年)は、日本の精神医学者。巣鴨保養院院長、東京女子医学専門学校(現・東京女子医科大学)教授。学位は、医学博士

経歴編集

1882年5月、福岡県に生まれる。1900年、福岡県中学修猷館[1]、1903年、第五高等学校医科[2]を経て、1908年東京帝国大学医科大学を卒業し[3]大学院に進み、呉秀三のもとで精神病学を研究する。その傍ら、同大学で助手、東京府巣鴨病院東京都立松沢病院の前身)で医員を務める。 1910年6月、巣鴨保養院院長に就任し、精神病者救治会事業で呉秀三を支えた。東京女子医学専門学校教授も務めている。

巣鴨保養院では、1924年7月31日に統合失調症と診断された作家島田清次郎が入院しており、池田が診療を行ったが、1930年4月29日にここで死去している。その後、池田は手記「島田清次郎君の死」を発表した。

参考文献編集

  • 『人事興信録 第13版』 人事興信社 1941年

脚注編集

  1. ^ 『修猷館同窓会名簿 修猷館235年記念』(修猷館同窓会、2020年)同窓会員3頁
  2. ^ 『第五高等学校一覧(自昭和11年至昭和12年)』(第五高等学校編、1936年)203頁
  3. ^ 『東京帝国大学一覧(從大正7年至大正8年)』(東京帝国大学、1919年)學士及卒業生姓名152頁