メインメニューを開く

池谷氏(いけがやし、いけのがやし、いけやし、いけのやし、いけたにし、いけのたにし)は日本の氏族のひとつ。静岡県に最も多く、次いで神奈川県東京都に多い。大井川鶴見川などの河川流域に多い名字

池谷氏
家紋
主な根拠地 遠江国
武蔵国
相模国
著名な人物 池谷清右衛門
池谷重兵衛
凡例 / Category:日本の氏族

概要編集

「池谷」の名字がいつ頃から使用されたか定かではないが、湿地帯の萱 (カヤ)から「池萱」となり、萱に谷の字が当てられ、大井川・鶴見川流域集落で名字として使用されるようになった[要出典]。池ヶ谷、池ノ谷と表記する名字もある。様々な読み方も派生した。焼津市の市指定文化財徳川家康公床机据え跡によると、徳川家康鷹狩の際、旧大井川町の宋高代官池谷清右衛門家で休憩したとの記録があることから、少なくとも17世紀には池谷の字は使われていたようである。また、港北区史では、江戸時代横浜市綱島地区で鷹狩の役職である野廻り役池谷重兵衛が選ばれ苗字帯刀を許されたと記されている。鷹狩を通じて池谷家は徳川家と少なからず縁があったようで、江戸幕府御家人に取り立てられた者もいる[要出典]

幕末の静岡や神奈川の記録では、農家から武家に至るまで幅広く池谷姓があり、勝海舟の協力者として商家や旗本などにも池谷氏が散見される。明治に入ると、港湾設備を多く抱える土地柄、また、勝海舟の影響等もあり、土木・建築等の留学生の名目で、池谷氏の中にはアメリカ合衆国など海外へ渡航する者もいた。

参考文献編集

  • 横浜開港資料館行政文献資料
  • 横浜市立図書館港北区史