メインメニューを開く

沈 興善(シム・フンソン、심흥선)は、大韓民国軍人

沈興善
生誕 1925年1月18日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮京畿道開城市
死没 (1978-09-19) 1978年9月19日(53歳没)
大韓民国の旗 大韓民国ソウル特別市
所属組織 大日本帝国陸軍
大韓民国陸軍
最終階級 少尉(日本陸軍)
大将(韓国陸軍)
墓所 国立ソウル顕忠院将軍第2墓域
テンプレートを表示

経歴編集

1925年、京畿道開城に生まれる。松都中学校卒業。学徒出陣して日本軍少尉。

1946年12月、警備士官学校第2期卒業、任少尉(軍番10197番)[1]。1950年6月、アメリカ砲兵学校卒業[2]。同年7月、帰国。1952年、砲兵学校校長。1954年4月、第1野戦軍砲兵部長。1955年、アメリカ陸軍指揮幕僚大学卒業。

1956年、第9師団長。1959年、陸軍本部軍需参謀部次長。1960年5月、陸軍本部憲兵監。1961年、陸軍本部人事参謀副長、同年5月、広報部長官。1962年、陸軍本部管理参謀副長。1965年、第1軍団長。1966年、第3軍団長。1967年、合同参謀本部長。1968年、陸軍参謀次長。1969年、陸軍士官学校校長。1970年8月、合同参謀議長、任大将。1972年、予備役編入。同年10月、駐スペイン大使。1974年、総務処長官。

勲章編集

出典編集

  1. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国編 上巻』、98頁。
  2. ^ 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国編 中巻』、101頁。
  3. ^ Shim Heung Sun”. Military Times. 2019年6月22日閲覧。

参考文献編集

  • 佐々木春隆『朝鮮戦争/韓国篇 上巻 建軍と戦争の勃発前まで』原書房、1976年。
軍職
先代:
金熙徳
  大韓民国陸軍士官学校校長
第21代:1969年5月3日 - 1970年7月27日
次代:
チェ・セイン
先代:
文亨泰
  大韓民国軍合同参謀議長
第12代:1970年8月 - 1972年6月
次代:
韓信
外交職
先代:
崔完福
 スペイン大韓民国大使
第2代:1972年10月11日 - 1974年4月4日
次代:
申尚澈
公職
先代:
-
  大韓民国広報部長官
初代:1961年5月22日 - 1961年7月6日
次代:
呉在璟
先代:
徐壹教
  大韓民国総務処長官
第15代:1973年1月23日 - 1977年12月19日
次代:
沈宜渙