メインメニューを開く

韓信 (韓国軍人)

1922年生の韓国の軍人

韓 信(ハン・ジン、한신)は、大韓民国軍人企業家朝鮮戦争では第1連隊を指揮。太極武功勲章授与者。

韓信
生誕 1922年12月27日
大日本帝国の旗 日本統治下朝鮮咸鏡南道永興郡
死没 (1996-05-06) 1996年5月6日(73歳没)
大韓民国の旗 大韓民国ソウル特別市
所属組織

大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍

Flag of the Republic of Korea Army.svg 大韓民国陸軍
軍歴 1946年 - 1975年(韓国陸軍)
最終階級 少尉(日本陸軍)
大将(韓国陸軍)
墓所 国立ソウル顕忠院将軍第3墓域10号
テンプレートを表示
韓信
各種表記
ハングル 한신
発音: ハン・ジン
日本語読み: かん しん
テンプレートを表示

経歴編集

1922年12月、咸鏡南道永興郡に生まれる。咸興高等普通学校を卒業後、日本に渡り中央大学で法律を専攻した。1943年、中央大学卒業。学徒出陣して日本軍少尉。終戦後は故郷に戻ったが、共産政権を避けてソウルに行く。

1946年12月、警備士官学校第2期卒業、任少尉(軍番10183番)。第8連隊の創設に参加し、小隊長や中隊長を歴任。軍紀司令部行政官を経て1948年11月に第18連隊作戦主任に就任。

1949年、第18連隊副連隊長。1950年6月、朝鮮戦争が勃発すると議政府方面に投入される。同年7月、水原-平沢-清州-尚州-安東の線で遅滞。同年8月9日、第1連隊長。釜山橋頭堡の戦いにおける杞渓・安康の戦いで活躍した。1950年12月の興南撤退作戦では、韓国軍で唯一橋頭保作戦に参加。1951年5月、大関嶺を固守し、第1軍団の反撃に寄与した。

1952年3月、歩兵学校戦術課長。1952年8月、第5師団参謀長。1953年5月、第5師団副師団長。同年12月、准将に昇進。休戦後の南原地区のゲリラ討伐作戦に参加。

1954年、諜報部隊長。1955年、輸送監。1956年7月、首都師団長。1957年、監察監。1959年12月、少将に昇進。1960年、第2訓練所長。1961年、国防大学院修了。同年5月、軍事革命委員・国家再建最高会議最高委員・内務部長官。1963年7月、監査院長。1964年8月、第6軍団長。1966年1月、戦闘兵科教育司令官、中将に昇進。1968年2月、陸軍参謀次長。同年8月、第2軍司令官。1969年5月、第1軍司令官。1970年8月、大将に昇進。1972年6月、合同参謀本部議長。

1975年3月、予備役編入。その後は実業界に入り、同年アジア自動車会社社長に就任。1976年4月、アジア自動車会社会長。1977年、大韓重石鉱業公社(대한중석)社長。

賞勲編集

  • 太極武功勲章 - 1953年8月27日
  • 乙支武功勲章 4回
  • 忠武武功勲章 8回
  • 花郎武功勲章
  • 保国勲章天授章
  • 保国勲章国仙章
  • 保国勲章統一章
  • 大統領表彰 2回
  • 一等白象勲章
  • スペイン十字武功勲章
  • トルコ勤務功労勲章
  • 大綬雲麾勲章 - 1974年11月26日[1]
  • インドネシア特別功労勲章

出典編集

参考文献編集

  • 佐々木春隆 『朝鮮戦争/韓国篇 上巻 建軍と戦争の勃発前まで』 原書房、1976年。 

外部リンク編集

公職
先代:
曺在千
  大韓民国内務部長官
第26代:1961年 - 1962年
次代:
朴璟遠
先代:
李元燁
  大韓民国監査院長
第2代:1963年
次代:
林承説
軍職
先代:
文亨泰
  韓国陸軍第2軍司令官
第11代:1968年 - 1969年
次代:
蔡命新
先代:
徐鐘喆
  韓国陸軍第1軍司令官
第11代:1969年 - 1972年
次代:
崔世寅
先代:
沈興善
  韓国陸軍合同参謀本部議長
第13代:1972年 - 1975年
次代:
盧載鉉