メインメニューを開く

概要編集

利尻島内に電力を供給する内燃力発電方式の火力発電所。1950年(昭和25年)に1号機が運転開始し、順次増設され8号機までが建設された。当初は利尻電気漁業協同組合連合会により建設されたが、1972年(昭和47年)に北海道電力へ設備を移管した。

2010年代に入ると老朽化に伴い2、3号機が2014年4月1日に廃止され、代替として9号機が2014年7月31日に運転を開始した[1]。今後は4号機が2016年4月に廃止予定、10号機が2016年7月をめどに計画中である[2]

当発電所の運営は、他の内燃力発電所同様に北海道パワーエンジニアリングに委託されている。

発電設備編集

  • 総出力:7,650kW(2014年8月現在)[3]
  • 発電方式:ディーゼル発電方式(内燃力発電)
4号機
定格出力:750kW
使用燃料:重油
営業運転開始:1971年12月
5号機
定格出力:1,250kW
使用燃料:重油
営業運転開始:1975年8月
6号機
定格出力:1,250kW
使用燃料:重油
営業運転開始:1977年8月
7号機
定格出力:1,250kW
使用燃料:重油
営業運転開始:1994年6月
8号機
定格出力:1,900kW
使用燃料:重油
営業運転開始:1999年9月
9号機
定格出力:1,250kW
使用燃料:重油
営業運転開始:2014年7月31日
10号機(計画中)
定格出力:750kW
使用燃料:重油
営業運転開始:2016年7月予定

廃止された発電設備編集

1号機(廃止)
定格出力:
使用燃料:重油
営業運転開始:1950年
2号機(廃止)
定格出力:500kW
使用燃料:重油
営業運転期間:1967年11月 - 2014年4月1日
3号機(廃止)
定格出力:750kW
使用燃料:重油
営業運転期間:1970年 - 2014年4月1日

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集