メインメニューを開く

沖田 龍児(おきた りゅうじ)は日本の漫画家。父は同じく漫画家の木村えいじ[1]

略歴編集

木村 謙午(きむら けんご)名義で1989年マガジンスペシャル「常夏がやってきた‼︎」でデビュー。1990年の週刊少年マガジン6号から15号まで林廣美の原作による『金のフライパン』を連載[2]。1993年の週刊少年サンデー21・22合併号から1994年10号まで水球を題材とした『BFボーイズ』を連載し[3]、当人にとって初の単行本化されている[4]

1996年マガジンスペシャル「とべ!白馬すっとび愚連隊」でペンネームを沖田龍児に改め、一旦は漫画アクション漫画サンデーヤングキングといった青年誌などに活動の場を移したが、2001年には週刊少年チャンピオン25号から50号まで『家族のオキテ』を連載[5]。その後は主に青年誌や女性誌で執筆しており、かつては山平重樹の原作による実録ヤクザ漫画なども描いていた。『パスタでボ~ノ』のようなコメディタッチの作品もある一方、マンガボックス『スマ倫な彼女たち』のように不倫を扱ったものまで作風は広い。

2018年4月から週刊漫画TIMESにおいて『ヤバい女に恋した僕の結末』を連載中[6]

作品編集

木村謙午名義編集

沖田龍児名義編集

脚注編集

  1. ^ ふと父親(木村えいじ)が今の自分と同じ歳に何を描いていたんだろうと辿ってみたら…”. 沖田龍児 (2015年7月24日). 2018年8月9日閲覧。
  2. ^ 雑誌掲載作品:週刊少年マガジン 金のフライパン(木村謙午 / 林廣美)”. メディア芸術データベース. 2018年8月9日閲覧。
  3. ^ 雑誌掲載作品:週刊少年サンデー BFボーイズ(木村謙午)”. メディア芸術データベース. 2018年8月9日閲覧。
  4. ^ 単行本全巻:BFボーイズ(少年サンデーコミックス)”. メディア芸術データベース. 2018年8月9日閲覧。
  5. ^ 雑誌掲載作品:週刊少年チャンピオン 家族のオキテ(沖田龍児)”. メディア芸術データベース. 2018年8月9日閲覧。
  6. ^ 30歳童貞ホラー作家に初の恋人ができる「ヤバい女に恋した僕の結末」新連載”. コミックナタリー (2018年4月20日). 2018年8月9日閲覧。

外部リンク編集