河原宏

河原 宏(かわはら ひろし、1928年7月24日 - 2012年2月28日)は、思想史学者、早稲田大学名誉教授。

目次

人物編集

東京府生まれ。早稲田大学大学院政治学研究科博士課程修了。

1981年「昭和政治思想研究」で早大政治学博士。早大政治経済学部にて助教授、教授を歴任。1998年定年退任し、名誉教授就任。日本政治思想史、また日本文化論について著書多数。

2012年2月28日、多臓器不全により、東京都内の私邸にて死去[1]。83歳没。

著書編集

  • 『転換期の思想 日本近代化をめぐって』早稲田大学出版部 1963
  • 『アジアへの思想』川島書店 1968 ヒューマン選書
  • 『西郷伝説 「東洋的人格」の再発見』講談社現代新書 1971 
  • 『漂泊する現代人 現代日本の心情と生活』学陽書房 1974
  • 『近代日本のアジア認識』第三文明社 レグルス文庫 1976
  • 『昭和政治思想研究』早稲田大学出版部 1979
  • 『日本に活力は蘇るか 理想主義の運命』勁草書房 1985
  • 『伝統思想と民衆 日本政治思想史研究1』成文堂 1987
  • 『「江戸」の精神史 美と志の心身関係』ぺりかん社 1992
  • 『日本人の「戦争」 古典と死生の間で』築地書館 1995 のち講談社学術文庫 
  • 『「自在」に生きた日本人』農山漁村文化協会 1998 人間選書
  • 『青年の条件 歴史のなかの父と子』人文書院 1998
  • 『素朴への回帰 国から「くに」へ』人文書院 2000
  • 『科学文明の「信」を問う 存在・時間・生命の情理』人文書院 2003
  • 空海 民衆と共に 信仰と労働・技術』人文書院 2004
  • 『日本人はなんのために働いてきたのか』ユビキタ・スタジオ 2006
  • 『秋の思想 かかる男の児ありき』幻戯書房 2012

共編著編集

  • 現代政治学の解明 浅沼和典,中込道夫共著 理論社 1967
  • 現代日本の共同体 5 国家 編著 学陽書房 1973
  • 日中関係史の基礎知識 現代中国を知るために 藤井昇三共編 有斐閣 1974

翻訳編集

記念論集編集

  • 日本思想の地平と水脈 河原宏教授古稀記念論文集刊行会編著 ぺりかん社 1998.3

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ 河原宏氏死去(早大名誉教授) 時事通信 2012年3月2日閲覧

参考編集

  • 年譜「日本思想の地平と水脈」