思想史(しそうし、: History of Ideas)は、思想の歴史。多くの場合、思想家学者政治家民衆などが残した意見に関するテクストを扱う学問。

類義語として哲学史精神史インテレクチュアル・ヒストリーなどがあるが、哲学史は学問としての哲学の歴史、精神史は必ずしも文章化されていない芸術や人間の活動などを含む歴史、インテレクチュアル・ヒストリーは知識を巡る人間活動全般を扱う歴史で、思想史とは必ずしも一致しない。

個別分野編集

個別分野編集

一般的に思想史という場合は、純粋な哲学に近い思想を扱うか、文化史研究の一環として歴史学者が行うことが多い。あらゆる学問にはその歴史として○○学史があるが、その場合近代以降に成立した科学としての○○学の歴史を扱うため、前近代の学問や科学的方法から逸脱してしまうような思想を扱う場合は政治思想史、経済思想史[1]、社会思想史[2]、法思想史、教育思想史[3]、科学思想史など○○思想史と呼ぶことがあるが、区別は曖昧である。

また、アメリカのアーサー・O・ラヴジョイらが提唱した観念史というものもある[4]。 歴史学や哲学史、文学史と重複する部分が多く、必ずしも大学や学会の学問分野としてこれらが成立しているわけではない。大学では文学部の哲学科、東洋哲学科、倫理学科、イスラーム学科、仏教学科、神学科などに散在するほか、他の学部にも学史や思想史の講座が置かれている。以下、各項目を参照。

西欧思想史編集

イスラーム思想史編集

東洋思想史編集

インド思想史編集

中国思想史編集

日本思想史編集

思想史家編集

思想史家は、哲学史家歴史家と違いそのアプローチに特徴があり、必ずしもアカデミズムの枠に留まらない。またレズリー・スティーヴンのような文学思想史家、ジョージ・ハーバート・ミードのような社会学思想史家も存在する。ほかに日本思想史家、政治思想史家、経済思想史家、宗教思想史家、言語思想史家などに分類され得る。法思想史のように法哲学との境界線が定めにくい分野もある。極めて方法論に自覚的な人々だと言えるのが特徴である。なお日本思想史を専攻するものは、日本思想史家と呼ぶことが多い。

思想史家一覧編集

ドイツ・スイス
イギリス・アメリカ
フランス
その他の国
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
わ行

脚注編集

  1. ^ 日本経済思想史研究会
  2. ^ * 社会思想史学会
  3. ^ http://wwwsoc.nii.ac.jp/hets/ 教育思想史学会]
  4. ^ Dictionary of the History of Ideas - 「叢書 ヒストリー・オヴ・アイディアズ」(平凡社)シリーズや『西洋思想大事典』(平凡社、1990年)として翻訳紹介された。フィリップ・P・ウィーナー編『観念史事典』(1973-74年)英語原文の電子版。無料で利用できる。

関連項目編集

参考文献編集

  • 子安宣邦ほか『日本思想史読本』東洋経済新報社、1979年
  • 矢崎光圀『法思想史』日本評論社、1981年

外部リンク編集