思想史(しそうし、: History of Ideas)は、哲学史精神史インテレクチュアル・ヒストリーの類義語。これらと同一視されることもあれば、区別されることもある。区別される場合は、特定のジャンルテーマキーワードを巡る思想の闘争と競合、同化と反目を歴史的な文脈の中で捉えようとするものである、と定義される。

思想史の分野編集

根幹になるのは哲学思想歴史だが、それ以外にも、社会的集団の思想史として教会史を扱ったり、社会的なマージナル・マンとしての魔女巡礼遍歴学生といったテーマを思想史に含むこともある。

その他、政治思想史社会思想史[1]法思想史、教育思想史[2]言語思想史、経済思想史[3]のようなものもある。

また、アメリカのアーサー・O・ラヴジョイらが提唱した観念史というものもある[4]

各国の思想史編集

以下、各項目を参照。

西欧思想史編集

イスラム思想史編集

東洋思想史編集

インド思想史編集

中国思想史編集

日本思想史編集

思想史家編集

思想史家は、哲学史家歴史家と違いそのアプローチに特徴があり、必ずしもアカデミズムの枠に留まらない。またレズリー・スティーヴンのような文学思想史家、ジョージ・ハーバート・ミードのような社会学思想史家も存在する。ほかに日本思想史家、政治思想史家、経済思想史家、宗教思想史家、言語思想史家などに分類され得る。法思想史のように法哲学との境界線が定めにくい分野もある。極めて方法論に自覚的な人々だと言えるのが特徴である。なお日本思想史を専攻するものは、日本思想史家と呼ぶことが多い。

思想史家一覧編集

ドイツ・スイス
イギリス・アメリカ
フランス
その他の国
あ行
か行
さ行
た行
な行
は行
ま行
や行
わ行

脚注編集

  1. ^ *社会思想史学会
  2. ^ http://wwwsoc.nii.ac.jp/hets/ 教育思想史学会]
  3. ^ 日本経済思想史研究会
  4. ^ Dictionary of the History of Ideas - 「叢書 ヒストリー・オヴ・アイディアズ」(平凡社)シリーズや『西洋思想大事典』(平凡社、1990年)として翻訳紹介された。フィリップ・P・ウィーナー編『観念史事典』(1973-74年)英語原文の電子版。無料で利用できる。

関連項目編集

参考文献編集

  • 子安宣邦ほか『日本思想史読本』東洋経済新報社、1979年
  • 矢崎光圀『法思想史』日本評論社、1981年

外部リンク編集