河島 茂生(かわしま しげお)は、日本情報学者青山学院女子短期大学准教授。専門分野は社会情報学、メディア研究、図書館情報学。

略歴編集

兵庫県加古川市出身。聖学院大学准教授などを経て、2016年より現職[1]

学歴編集

  • 2002年3月 慶應義塾大学総合政策学部卒業 学士(総合政策学)
  • 2004年3月 東京大学大学院学際情報学府修士課程修了 修士(学際情報学)
  • 2010年5月 東京大学大学院学際情報学府博士課程修了 博士(学際情報学)

職歴編集

主要著書編集

  • 『AI × クリエイティビティ』(高陵社書店、2019年)
  • 『AI時代の「自律性」』(勁草書房、2019年)
  • 『AI倫理』(中公新書ラクレ、2019年)
  • 『情報倫理の挑戦』(学文社、2015年)
  • 『デジタルの際』 (聖学院大学出版会、2014年)
  • 『基礎情報学のヴァイアビリティ』 (東京大学出版会、2014年)
  • 『図書館情報技術論』 (ミネルヴァ書房、2013年)

脚注編集

  1. ^ 青山クーリエ 176号 - 青山学院女子短期大学

外部リンク編集